• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 心臓血管内科・カテーテル治療科
  • 心臓血管内科・カテーテル治療科

    心臓血管内科・カテーテル治療科


    診療内容

    心臓血管内科 写真

     心臓血管内科・カテーテル治療科の診療は、救急医療、カテーテルとデバイス治療、および再発予防(最適な薬物治療と運動療法)の3本の柱から構成されています。

    循環器救急

     当科における救急医療の目標は、「危機に瀕した患者さんの力になりたい」、「かかりつけ医の先生方と救急隊からのすべての診療依頼に応えたい」ということに尽きます。その実現のために、受け入れ、診断、治療の迅速さと24時間変わらぬ医療レベルの維持を目標に、少なくとも1名の循環器専門医が院内に常駐するようにしています。
     また、医療機関からの問い合わせや診療依頼に循環器専門医が直接対応できる専用ホットラインを設け、迅速かつ適切な治療の提供を目指しています。急性心筋梗塞・不安定狭心症などに対する緊急カテーテル治療は3名の医師でチームを組み、夜間・休日にかかわらず24時間体制で行っています。また、心肺停止やショック例に対するPCPS(経皮的人工心肺)をベッドサイドで開始できる体制もとっています。

    カテーテルおよびデバイス治療

     これまでも当院では、狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル治療(PCI:冠動脈インターベンション)を中心として、全身の血管病の治療を行ってきましたが、2014年の新病院オープンに伴い、旧市民病院では施行できなかった様々なカテーテル治療を開始しました。高度石灰化病変にたいするロタブレータ治療はその一つです。冠動脈の病変が高度に石灰化して固くなると、バルーンによる拡張が困難となります。このような症例は、全治療例の数%に認められます。病変の拡張が不十分なまま手技を終えると、冠動脈が急性閉塞をきたしたり、慢性期におけるステント血栓症の原因となります。このような病変の治療にはロタブレータが極めて有効です。ロタブレータとは、歯科治療で使うドリルに似た治療器具です。直径1.25~2.25mmの小さなドリルを毎分約20万回転の高速で回転させ、石灰化して固くなった病変を削ります。ロタブレータは一定の基準を満たした施設でしか使用できません。みなとメディカルセンターは、長崎県内でその使用許可を受けている数少ない施設の一つです。
     また、閉塞性動脈硬化症に対するEVT(血管内治療)、腎血管性高血圧に対するPTRA(腎動脈拡張術) も行っています。高齢化に伴い徐脈性不整脈の患者さんが増加しており、ペースメーカーの新規植え込み例も増加傾向です。特に2015年からは、発作性心房細動や上室性頻脈などの頻脈発作に対するカテーテルアブレーションや植え込み型除細動器などを用いた治療も開始しました。

    再発予防

     冠動脈疾患例では狭心症や心筋梗塞などの再発予防、心不全例では再入院の予防を目標にしています。このような患者さんでは、糖尿病や高コレステロール血症などを含めた適切な薬物療法を行うとともに、運動療法(リハビリ)や禁煙指導を積極的に行っています。また、狭心症や心筋梗塞などの患者さんに冠動脈(心臓)のカテーテル治療を行うだけでは、十分ではありません。このような患者さんは全身の血管に高度な動脈硬化を合併しています。将来、頸動脈が詰まって脳梗塞を起こしたり、足の血管が詰まって下肢切断に至ることがないように、全身の血管の動脈硬化進展予防をしっかりと行っていくことが重要です。当科ではこのような全身の血管疾患の診断から治療、予防までを一貫して行うことが可能です。ガイドラインに準拠することは基本ですが、さらに効果をあげる薬物治療はないか、あるいは、予後の推測により有用なマーカーはないか、ということを常に模索しています。
     現在の、そして未来の患者さんに対して、常にベストの治療を行うことが私たちの責務と認識しています。その実現に向けてスタッフはみな心を一つにして、頑張っていく所存です。力強いサポートをこれからもよろしくお願い致します。

     患者さんに病気を理解してもらい、心不全の増悪を自ら予防してもらうための一つの手段として、当院オリジナルの心臓病手帳を活用しています。


    対象疾患・得意分野・専門分野

     心臓だけでなく、大動脈、頸動脈、腹部や四肢の血管など、全身のあらゆる血管の病気を対象としています。
     循環器救急では、特に胸痛、呼吸困難、意識消失、動悸発作などを得意としています。
     具体的な疾患としては、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心臓弁膜症(大動脈弁狭窄症、僧房弁狭窄症)、鎖骨下動脈狭窄症、腎動脈狭窄症(腎血管性高血圧症、難治性心不全)、下肢閉塞性動脈硬化症、肺塞栓症・深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)などが治療対象となります。また、不整脈に対するペースメーカー治療やカテーテルを用いたアブレーション治療を行っています。

     他の施設で治療を受けている方に対するセカンドオピニオン外来も実施していますので、お気軽にご相談ください。

    診療実績・手術件数

    手術件数

    手術内容 2015年 2016年
    冠動脈形成術・ステント留置術(PCI) 464件 406件
    四肢血管形成術・ステント留置術(PTA) 42件 66件
    経皮的腎動脈形成術(PTRA) 2件 4件
    ペースメーカー植え込み 79件 88件
    ICD植え込み 7件 5件
    CRT-D植え込み 2件 2件
    CRT-P植え込み 1件 3件
    アブレーション 51件 53件
    専門外来のご案内

    受診につきまして、予約センター(みなとさぽーと医療連携センタ―内)よりご予約ください。
    TEL:095-822-3251(代表) 受付時間:平日午前8時30分~午後16時30分

    脂質異常症外来(木曜日:9:30~10:30診療)

    LDL-C値のコントロールを行うことにより、冠動脈疾患の発症及び再発の予防につなげることを目的としています。

    • 対象者

    高コレステロール血症
    血清総コレステロール ≧ 260mg/dL
      または 
    血清LDL-コレステロール ≧ 180mg/dL 
    ※空腹時・食後を問いません

    高トリグリセライド血症
    血清トリグリセライド(中性脂肪)の値が
    空腹時 ≧ 500mg/dL 
     または 
    食後 ≧ 1,000mg/dL

    薬物スタチン製剤などで加療しても脂質値が低下しない方などが対象となります。

    これらの患者さんは、診断や治療を必要とする場合があります。一度ご紹介いただければ幸いです。治療など安定した後、速やかに再紹介いたします。
     ※医療機関からの紹介・予約をお願いします。
     ※受診の際は空腹受診をお願いします。

    症例検討:Cardiology Case

    その他

    布廣 龍也 診療部長が欧州心臓病学会フェローに選ばれました
    欧州心臓病学会フェロー

     当院心臓血管内科診療部長 布廣龍也医師が、2020年欧州心臓病学会(ESC)フェローに選ばれました。このフェローには選考条件があり、①主著5本共著5本の10本の英語論文執筆②国内主要協調学会 日本循環器学会からの推薦③他のフェローからの推薦 の厳しい条件にクリアされました。
     就任式は、2020年9月 長崎にゆかりのある オランダ アムステルダムで行われる年次集会に合わせて実施されます。

     “観光客船や、今後オリンピック関連で来られる外国人”の方に、当科や当院が選んで頂けるために、海外で知られる資格にチャレンジしました。欧州心臓病学会は、毎年夏、参加者3万人の世界最大規模の心臓学会で、アジアの人口増と経済圏拡大で、アジア分会も、今年秋に、シンガポールで、開催されています。フェロー資格は、九州の心臓、循環器内科専門医でも、医学部教授以外では、取得されている方が少ない名誉ある資格です。

    『2019年9月 ESC inパリ 参加日本人meeting』
    ESC inパリ 参加日本人meeting

    『2019年10月 欧州スイス Novartis社日本事業部長来訪』
    Novartis社日本事業部長来訪

    論文

  • 当院の医師の過労死事案について
  • 新型コロナウイルス感染症関連について
  • 病院情報の公表
  • 研修医募集
  • 看護師サイト
  • サイバーナイフのご紹介
  • 薬剤師募集
  • ページのトップへ