• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 研究開発センター
  • 部門案内

    研究開発センター





    ごあいさつ

    理事長ごあいさつ

     研究開発センターは、平成28年4月より新病院Ⅱ期棟稼働開始に合わせ組織体制を刷新し、リサーチセクションを支える基盤として稼働を開始しました。長崎市の地域中核病院として求められる医療イノベーションを実現するための研究開発を大きな使命であると考えています。普段私たちが臨床で使用する医薬品・医療技術の根拠となるエビデンスは、これまでの臨床研究によりもたらされたものです。その意味で、私たち医療従事者は誰しもが研究開発とは決して無縁ではなく、日々の経験を研究に生かしていく事で、私たちもまたその恩恵を常に享受していると考えられます。昨今の臨床研究を取り巻く社会的環境の変化を踏まえ、信頼性の高い研究・質の高い臨床研究の実施、また、国際水準の臨床研究や積極的な医師主導臨床研究、他施設共同研究の実施が求められており、これらの臨床研究の実施には専門スタッフによる支援が不可欠となっております。研究開発センターは、あらゆる倫理観念を遵守し、次世代の人々のために新しい医療や医薬品・医療技術を創出、伝承する責務を負っていると考えています。今後、臨床研究支援・促進の拠点として整備を進めてまいりますので、引き続きご支援の程お願い申し上げます。

    理事長 兼松隆之

    理事長

    兼松 隆之

    部門紹介

    みなさんは、『研究開発』という言葉にどのような印象をもたれますか?私たち研究開発センターは、臨床研究の活性化を目的として『治験ユニット』『臨床研究ユニット』によって形成されており、治験、臨床研究において高度な医療技術開発のための支援を行っています。今後、当院において種々の疾患に対する臨床研究を実践できる基盤を整備していくとともに、研究開発をスムーズに進行できる体制を作り、さらなる医療のへの貢献と、安心で安全な最新医療をいち早く提供できるよう、日々の研究を行っています。

    理念

    医療の発展に貢献する研究を行い、最新の医療を患者さんに提供することを通じて市民の健康を守ります。


    基本方針
    • 新しい医療技術を開発する治験・臨床研究を行います。
    • 質の高い治験・臨床研究を行うための体制を整えます。
    • 治験・臨床研究を行う人材を育てます。
    • たくさんの方に治験・臨床研究のことを理解していただけるよう取り組みます。

    スタッフ
    市川 辰樹 センター長(消化器内科主任診療部長)
    高橋 洋一 副センター長(臨床研究ユニット責任者)
    樋口 則英 治験ユニット責任者(薬剤部長)
    中村 潤平 研究専従員
    三藤 大地 事務ユニット責任者
    松山 聡子 事務ユニット担当者
    町田 実穂 事務ユニット担当者
    組織図

    研究開発センター組織図

    お問合せ・ご連絡先

    長崎みなとメディカルセンター 研究開発センター

    電話: 095-822-3251(内線4122)  FAX: 095-822-3340
    E-mail: kenkyu★ncho.jp(★は@へ変更ください)

  • サイバーナイフのご紹介
  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • ページのトップへ