• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 腎臓内科
  • 腎臓内科

    腎臓内科


    腎臓内科
    診療内容

     当科は130年の歴史を持つ旧成人病センターの閉院に伴い腎臓内科の診療を引き継ぎ、2016年3月28日から長崎みなとメディカルセンター市民病院にて診療を開始致しました。旧成人病センターは長崎における腎疾患治療の拠点病院の一つとして診療を行って参りましたが、当院では他科との連携が充実することで、心血管、脳血管疾患をはじめとする多くの合併症を有する腎不全・透析患者さんの治療にも幅広く対応できる環境となっております。また、長崎大学病院腎臓内科と密に連携し、日々診断・治療の向上に努め、受診される患者さん全てに充実した医療を提供できるよう、医師・看護師・臨床工学技士をはじめスタッフ全員で努力して参ります。

    対象疾患・得意分野・専門分野

     腎臓は老廃物の排泄、電解質や水分の調節、ホルモン分泌、骨代謝を担う重要な臓器です。検尿異常(蛋白尿、血尿)がある場合、慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、急速進行性糸球体腎炎などの腎疾患や全身疾患(血液疾患、膠原病、感染症など)による腎機能障害の可能性があり、無治療のまま経過すると腎機能が低下して透析もしくは腎移植が必要となることも少なくありません。当科では早期から介入することで、腎疾患の悪化を未然に防ぐべく綿密な原因精査と腎生検による診断、それに基づく適切な治療方針の決定を行って参ります。
     当院へ新設された血液浄化療法室では腎不全に対する血液透析をはじめ、白血球除去療法や血漿交換療法などのアフェレシス治療も施行することができます。また、当院泌尿器科と連携することで血液透析や腹膜透析のスムーズな導入や維持血液透析患者の内シャントの狭窄、閉塞に対する治療も行うことができます。

    診療実績

    診療実績グラフ
    年度別疾患内訳
    2018年度 2019年度 2020年度
    慢性腎臓病 135件 152件 142件
    透析シャントトラブル 38件 24件 31件
    腎炎 40件 42件 23件
    ネフローゼ症候群 12件 25件 21件
    血管炎 9件 2件 4件
    急性腎障害 15件 19件 21件
    敗血症 4件 4件 11件
    その他 131件 112件 110件
    合計 384件 380件 363件
    年度別透析導入数
    2018年度 2019年度 2020年度
    血液透析導入患者数 40件 54件 52件
    腹膜透析導入患者数 3件 7件 6件
    スタッフ紹介

    • 副院長・主任医長・透析部長

      山下 裕

      産業医科大学出身 平成13年卒業
      ■特に専門とする領域
      腎臓、透析
      ■専門医・認定医
      日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
      日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
      日本透析医学会専門医・指導医
      日本アフェレシス学会認定血漿交換療法専門医
      厚生労働省認定臨床研修指導医
      日本内科学会JMECCインストラクター
    • 医師

      井上 大

      長崎大学出身 平成27年卒業
      ■特に専門とする領域
      腎臓一般、透析
      ■専門医・認定医
      日本内科学会認定内科医
      日本腎臓学会腎臓専門医
    • 医師

      岩田 麻有

      近畿大学出身 平成29年卒業
      ■特に専門とする領域
      腎臓内科一般
      ■専門医・認定医

    • 医師

      森本 美智

      大分大学出身 平成30年卒業
      ■特に専門とする領域

      ■専門医・認定医

  • 医師の働き方改革への取組について
  • 病院情報の公表
  • 研修医募集
  • 看護師サイト
  • サイバーナイフのご紹介
  • 広報誌のご紹介
  • 連携大学院(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科)
  • ページのトップへ