• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 臨床工学部
  • 部門案内

    部門紹介


     我々、臨床工学技士は病院内の医療機器の操作や保守管理を行う専門家として1987年に誕生した比較的新しい資格です。
     当院では、2002年に1名入職し10年間1人で業務に当たっていました。その後2012年に1名増員、翌2013年に3名増員と共に臨床工学部として発足しました。
     現在は9名のスタッフで人工心肺業務、手術室業務、心臓カテーテル業務、人工呼吸器関連業務、不整脈治療業務、などを中心に日々の業務に取り組んでいます。
     それぞれ個性の強いスタッフが集まっており、賑やかで笑顔の絶えない部署です。

    認定資格

    不整脈治療専門臨床工学技士×1名、第1種ME技術実力検定試験合格×1名、第2種ME技術実力検定試験合格×5名、
    臨床ME専門認定士×1名、透析技術認定士×3名、3学会合同呼吸療法認定士×3名、心血管インターベンション認定技士×1名、
    言語聴覚士×1名

    業務内容

    ①循環器関連業務(虚血部門)
     心臓カテーテル室1部屋、ハイブリッド手術室1部屋にて心臓及び末梢血管カテーテル治療、検査業務に従事しています。

    • ポリグラフ装置のモニタリング
    • 画像モダリティ(IVUS、OCT、FFR)
    • ローターブレータ、末梢血管治療用クロッサー
    • 急変時の緊急対応 IABP、PCPS



    ②循環器関連業務(不整脈部門)
     心臓カテーテル室、ハイブリッド手術室にてCIEDs植込み・交換術、カテーテルアブレーション業務に従事しています。

    • CIEDs(ペースメーカ、ICD、CRT)植込み・交換術
    • 心臓電気生理学的検査
    • カテーテルアブレーション



    ③手術室業務
     手術室は現在9部屋ありさまざまな領域で活躍しています。

    • 人工心肺装置の操作
    • 脳外関連業務 MEP、SEP、顕微鏡、マッピング装置のセッティング
    • 自己血回収装置(心外、産婦人科、外科、整形)
    • 鏡視下手術 機器セッティング、管理
    • 麻酔器の日常点検
    • CIEDs植込み患者のOP立ち会い



    ④機器管理業務
     二次元バーコードシールを用いて院内の医療機器を中央管理しています。

    • 在庫管理、運用管理、安全管理



    ⑤集中治療領域業務
     ICU、HCU、EICU、CCUにおいて重症患者に使用する各種機器の操作、管理を行っています。

    • 人工呼吸器
    • 血液吸着 PMX
    • 血液浄化 CHDF、CHF、CHD、HD
    • 補助循環装置 IABP、PCPS
    • 除細動器、血ガス装置など



    ⑥小児新生児領域業務
     小児病棟、NICUにおいて主に機器管理業務を行っています。

    • 人工呼吸器
    • 機器管理



    ⑦外来、一般病棟業務
     外来で治療、検査で来られる患者さんや入院中の患者さんに対しても各種フォローアップや医療機器を用いた治療に臨床工学技士が関わっています。

    • CIEDs外来(遠隔モニタリングシステムを併用)
    • MRI対応CIEDs植込み患者のMRI撮像時の対応
    • CIEDsチェック
    • 腹水濃縮再静注法



    ⑧教育
     看護師、その他コメディカルに対して勉強会を頻回に行っています。

    • 新入職員対象医療機器講習会
    • 医療機器安全講習会
    • 主な機器 輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動器、モニター関連、補助循環装置



    ⑨部内教育体制、院外学会活動
     月に一度、臨床工学部内で勉強会を行っています。また学会活動も活発に行っています。学会、セミナー等を通して知り合った他施設の職員との横のつながりも大事にしています。

     


  • サイバーナイフのご紹介
  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • ページのトップへ