• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 教育研修センター
  • 部門案内

    教育研修センター


     教育研修センターは、平成25年度より新しくできた部署です。主に院内職員の採用、新人教育、教育・研修・生涯キャリア支援などを担います。職員ひとりひとりが当院での仕事に自信と誇り、そして喜びを持っていただけるようサポートする部門です。
     特に研修医の教育には力を入れており、厚労省の定める2年間の初期研修の間にプライマリ・ケアの診療能力を十分に身につけるとともに、痛みのわかる人間性豊かな研修医を育てることを目標としています。
     また、院内すべての職員に対する教育は、“質の高い医療を提供する”ためにきわめて重要で、計画的かつ継続的にかかわっていく必要があると考え、力を入れています。

    業務内容(研修医教育)

    • 実りの多い初期臨床研修プログラムを作成する

    各研修医の希望も取り入れつつ、院内レクチャー、院外研修などの教育内容を充実させます。

    • 包括的サポートを充実させる

    医師としての人格・品格を育てるため、いろんな講演会やイベントを企画、何でも相談できる先輩ドクターを紹介するメンタープログラムの導入、メンタルヘルスや健康管理、また進路や留学、生涯キャリアプランの情報提供や相談窓口を整えていきます。

    • 研修システムを多面的に評価・改善する

    専属スタッフとの面談や院内の教育委員会によって、研修内容や研修医の達成度、満足度、指導医の教育方法などのふりかえり(評価)を定期的に行い、より良い研修プログラムを探求していくことが大切です。

    業務内容(全職員)

    • 新人教育(オリエンテーション)の企画・運営

    皆、社会人1年生という新人意識をもち、おたがいの仕事を知り、認め、高め合う同志としてのつながりを持つことは、チーム医療を行う上でとても有効だと考えています。研修や勉強会の方法も、院内みんなの知恵、経験、手間を合わせれば、当院独自の効率がよく、楽しい、身になるものを創造・実践できることでしょう。

    • 院内職員教育

    各部署が企画する講演会や勉強会のお手伝い、図書館の維持・整備など

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 薬剤師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ