• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 眼科
  • 眼科

    眼科


    診療内容

    眼科 写真

     平成26年6月2日より医師1名にて眼科診療を再開させていただくこととなりました。休診中はみなさまに大変ご迷惑をおかけいたしました。現在、2名の視機能訓練士、3名の看護師とともに診察にあたっています。月曜日から金曜日まで8時45分から11時まで一般診察を受け付けており、午後からは手術や処置、手術前の説明などを行っています。

     診察には検査を伴う場合があり、検査後は車やバイクなどの運転ができなくなりますので、眼科通院時はできるだけ公共交通機関(バス・電車など)での来院をお願い致します。

    対象疾患

     白内障、網膜硝子体疾患、その他眼科一般についての検査・治療を行っています。
    特に糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などの網膜硝子体疾患では、基礎にある糖尿病や高血圧症の検査・治療が必要ですので、総合病院である特性を生かし、院内の内科医師と連携し並行して治療を行っています。難治性の糖尿病黄斑浮腫や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対しては、抗VEGF薬の眼内投与も行っております。
    白内障手術はご希望に応じて2泊入院や4泊入院などの選択ができるようになっており、安全面の観点から片眼ずつの手術を行っております。
     また最新の手術顕微鏡、白内障・硝子体手術装置、光干渉断層計(OCT)が整備されており、今後は、網膜前膜や黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に加え、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫や硝子体牽引の関与がみられる糖尿病黄斑浮腫に対しても小切開(23Gシステム)にて硝子体手術を行っていく予定です。また、セカンドオピニオンにも対応しておりますので、よろしくお願いいたします。

    週間外来担当医表

    スタッフ紹介

    • 主任医長

      中須賀 大二郎

      福岡大学出身 平成16年卒業
      ■特に専門とする領域
      眼科一般、白内障、網膜硝子体
      ■専門医・認定医
      日本眼科学会専門医
    • 医長

      山本 聡一郎

      佐賀大学出身 平成18年卒業
      ■特に専門とする領域
      眼科一般、網膜硝子体
      ■専門医・認定医
      日本眼科学会専門医、PDT認定医
    その他

     新しい外来診察室や最新の医療機器も設置しております。眼科診療の再開により少しでも患者さまのQOLの改善につながり、地域の皆様のお役にたてればと思っておりますので、目に関してお悩みの方はお気軽にご相談ください。また、セカンドオピニオンにも対応しております。

    眼科 写真
  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 薬剤師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ