• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 放射線部
  • 部門案内

    放射線部


    部門紹介

     放射線部は、放射線科医師、看護師、放射線技師が互いに協力しあいながらCT、MRI、RI、血管撮影、超音波検査、胃透視、注腸検査、放射線治療などの幅広い領域で検査・治療を行っています。放射線に携わる医療人としての課題を認識しながら常に患者様中心の診療に努めています。当院ではFPD(フラットパネル)装置を一般撮影室全室(4室)に導入し、積極的に被曝線量の軽減を実践しています。これは一般撮影装置では、従来のCR装置に比べ半分以下の線量にて撮影可能です。また血管撮影装置においては、パルス透視(15~20F/s)、低レート動画撮影(15F/s)を併用することにより、従来のI.I装置に比べ1/4以下の被曝量(当院比)を実現しています。心臓を栄養する冠動脈をCTによって撮像する心臓冠動脈CT(週10件程度)も積極的に行っています。新病院の開院とともに、放射線部の機械もほとんどが一新し、よりよい診療の手助けとなっています。電子カルテシステム、RIS(放射線部門情報システム)、PACS(放射線部医用画像システム)の3つをネットワークで結ぶことにより、検査の効率化を実践し、即日検査、所見作成に対応しています。
     当院は、通常業務に加え二次救急病院として昼夜を問わず24時間救急車を受け入れています。そのため放射線部でも、一般撮影・CT・血管造影・MRI業務においての依頼に対応しています。また、各人が認定資格を取得し最先端の医療技術に対応できるよう医療人としてのスキルアップを図っています。

    定資格取得者(放射線技師)

    医学物理士 3名 医用画像情報管理士 4名
    第1種放射線取扱主任者 3名 PET認定技師 2名
    上級医療情報技師 1名 放射線治療専門放射線技師 1名
    医療情報技師 4名 肺がんCT検診認定技師 1名
    検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 7名 IVR認定技師 2名
    放射線管理士 4名 核医学専門技師 1名
    放射線機器管理士 4名 シニア放射線技師 2名
    放射線部認定資格取得者(看護師)

    日本IVR学会認定IVR看護師 2名 がん放射線療法看護認定看護師 1名
    スタッフ

    放射線診断専門医師 3名 看護師 12名
    放射線治療専門医師 1名 医療補助員 4名
    診療放射線技師 19名
    主な設備

    診断装置 一般撮影装置(胸部・腹部・骨など)4室(FPD)
    ポータブル撮影装置(FPD 5台)
    透視検査装置(DR 1台)
    CT装置(64列 1台、2管球式64列 1台)
    MRI装置(1.5T 1台、3.0T 1台)
    血管造影装置(IVR-CT FPD 1台)
    心臓カテーテル装置(バイプレーンFPD 1台)
    ハイブリッド手術室(デュアルプレーンFPD 1台)
    乳房撮影装置(FDP 1台)マンモトーム
    超音波装置 2台
    骨塩定量装置(全身、腰椎型 1台)
    RI装置(SPECT 1台)
    治療装置 特殊外部照射装置 サイバーナイフ(Vsi 1台)
    外部照射装置リニアック 1台
    ラルストロン 1台
    治療シュミレーター用CT(80列 1台)
    関連ページ
    単純X線撮影装置

    単純X線撮影装置 写真

     人体にX線を照射して写真を撮る検査です。胸(肺)やお腹、骨などのレントゲン写真を撮影します。人体は骨、筋肉、軟部組織、脂肪、空気などで構成されており、組織によってX線の透過率が異なります。骨などはX線が透過しにくいため、写真上白くうつります。逆に空気などはX線が透過しやすいため、写真上黒くうつります。単純X線撮影は、人体を透過したX線の量を白黒の写真として表す検査です。

    マンモグラフィー(乳房X線撮影)

    マンモグラフィー(乳房X線撮影) 写真

     乳房撮影専用の装置を使用し、乳がん精密検査のひとつの方法として用いられます。 乳房を圧迫板と呼ばれる板で乳房を挟み、乳房を薄く広げて撮影します。 乳房は主に乳腺(乳管や結合組織など)と脂肪で構成されています。 乳がんは乳腺から発生するため、乳腺がよく見える写真を撮る必要があります。 乳房を薄く広げることにより、乳腺を広げて分離させ、よく見えるようにしています。 撮影した写真を左右見比べて、左右で異なるところはないか、乳腺の構築が乱れているところはないか、 腫瘤や石灰化はないかなどをみています。

    血管造影

     私たちの体を養うため、全身に血液が流れています、その血液が通る道を血管といいます。血管は単純写真(レントゲン)では見ることが出来ませんが、造影剤を使えば見ることが可能となります。
     血管造影は血管の中に1mm~2mm径程のカテーテルと呼ばれる細長いチューブを挿入し、目的の血管まで到達させます。そのカテーテルの中から、血管内に向けて造影剤を注入し、X線を使って連続的に血管の走行、形態、血液の流れの状態を1秒間に何枚ものスピードでX線写真を撮影します。そして血管や臓器の病変を見つけることができます。また、このカテーテルから治療薬を入れたり、病変に栄養を与えている血管を詰めて治療を行うこともあります。また、血管の狭いところにバルーンカテーテルという風船のように膨らむ特殊な管を挿入し、元の大きさまで拡げる治療も行います。風船だけでは、拡げきれない場合は、金属の管(ステント)をいれる場合もあります。

    胸腹部、骨盤部血管造影
    胸腹部、骨盤部血管造影 写真

     当院で行われている血管造影には主に腹部血管造影、心臓カテーテル検査があります。血管造影装置を使い骨、軟部組織を画像処理によって消去し目的とする血管像のみを抽出することができます。近年ではCTの進歩により診断のみのカテーテル検査が減少し、治療が主目的とされています。悪性腫瘍に対する抗がん剤動注、消化管出血、血管奇形に対する動脈塞栓術など、全身に広く治療が行われています。

    心臓カテーテル検査
    心臓カテーテル検査 写真

     循環器疾患(虚血性心疾患、狭心症、心筋梗塞など)に対して心臓カテーテル検査およびカテーテル治療(PCI)が行われています。当院では常時、急性心筋梗塞(AMI)等、心疾患に対する緊急治療体制を整えています。

    超音波

    超音波 写真

     超音波検査とは人の耳には聞こえない音を体の表面にあて、体内の臓器から反射してくる音を画像として表示する検査です。各臓器の形や組織の変化を見ることができます。
     検査方法は、対象部位に専用のゼリーを塗り、プローブ(超音波を送受信する機器)を皮膚に密着し動かしていきます。腹部エコーの場合は深呼吸をしたり息をとめたりすることがあります。検査にかかる時間は範囲によって異なりますが15~30分程度です。超音波は身体に害を与えないので、繰り返し検査を受けても安全な検査です。

    消化管造影検査

    消化管造影検査 写真

     消化管造影検査とは、大きく分けて上部消化管造影検査(食道、胃、十二指腸、小腸)と下部消化管(大腸)造影検査(注腸検査)に分かれています。基本的にはどちらの検査も造影剤と空気を注入し、粘膜に付着した造影剤をX線透視装置により写し出す検査です。通常、造影剤はバリウムを使用します。詳細は胃X線検査、注腸検査をご参照下さい。

    胃X線検査

     バリウムと発泡剤(胃が膨らむ薬)を飲用して、食道・胃・十二指腸などの消化管の粘膜の病変を見つけようとする検査です。バリウムはX線を透過させないので、写真には白く写ります。胃内腔の壁に凹みがあればバリウムは溜まるので白く写り、凸があれば、バリウムが壁にのらないで黒く写ります。このことによって、形や大きさ、病変などがわかります。同時に、食道および十二指腸などの撮影も行います。

    注腸検査(大腸検査)

     大腸の炎症性の病気(腸のただれ、きず)、大腸ポリープ、大腸がん、その他をX線写真により診断します。大腸はそのままでは写真に写りませんので、造影剤(バリウム)を肛門から大腸に入れて大腸がよく見えるようにしてから写真をとります。
     この検査では便が残っているとバリウムが奥まで入らなかったり、便と病変の区別ができなくなります。大腸の中に便を残さないようにするために、検査前日から簡単な食事制限をし、下剤を飲んでいただきます。

    MRI

    MRI 写真

     MRI(磁気共鳴断層画像診断装置)検査とは、X線撮影やCTのようにX線を使うことなく、体内の水素原子が持つ弱い磁気を利用して体内の状態を断面像として撮影することができます。X線を使うことがないため、被ばくの恐れなどはありませんが、強い磁石と電波を使い撮影します。そのため検査を受けられる患者様には、通常、トンネル状の装置の中に通常20〜30分間寝ていただく必要がありますが、痛みなどはありません。
     当院ではSiemens社最新装置1.5TAeraと3.0TSkyraを導入いたしました。MRIの得意な脳、脊髄・脊椎、関節、子宮や前立腺などの撮影は信号が高く、組織間のコントラストはより明瞭となり、高分解能で高画質な画像が提供できるようになりました。今回の導入で以前の装置では検査できなかった心臓MRIや頭部のMRスペクトロスコピーなどの高機能検査も撮像することが可能となりました。

    CT(computed tomography, コンピュータ断層撮影)

    CT(computed tomography, コンピュータ断層撮影) 写真

     当院では平成26年2月よりSIEMENS社製SOMATOM Definition Flash を導入いたしました。このCTは1つのCT装置内に2つのX線管を搭載しており、その2つを組み合わせて使用することにより、従来のCT検査では不可能であった短時間で広範囲の撮影が可能になりました。この結果、呼吸等による体の動きにも対応が可能であり、短時間で撮影が終了するため、放射線被ばくの低減や使用造影剤量を軽減することも可能となりました。また、2つのX線管よりそれぞれエネルギーの異なる放射線を発生することにより、従来のCT検査では得られなかった人体内の情報を画像化することが可能になり、形態情報のみならず、その性状を画像化できるのではないかと期待されています。
     造影剤を静脈投与して血管を撮影するCTアンギオや3次元画像による手術計画なども行っています。もちろん、放射線被ばく低減を考慮し、撮影者は患者さんの体格(体重)・検査目的に応じた撮影条件を設定し、被ばくを最小限にしながら良好な画像が得られるように工夫しています。原則CT検査は予約制ですが、緊急検査は常時行っています。

    心臓CT

    心臓CTは心臓を栄養する冠動脈という血管を撮像するための検査です。当院で導入したCTは高速撮影が可能なため、常に動いている心臓の冠動脈の描出などもできます。これまで検査困難であった高心拍(80〜120回/分)や、不整脈ありの患者さん、また冠動脈バイパス術後の患者さんのフォローアップ心臓CT検査も飛躍的に描出力が向上しました。心臓CT検査は入院をせず、当日外来検査で行っています。


    写真

    写真
    3D画像処理
    3D画像処理 写真

     当院では、最新のワークステーション(検査画像を処理し、いろんな表示をするシステム)を用いて3次元画像処理を行っています。通常のCTの輪切りの画像を重ね合わせることによって、立体的な3次元の画像を作ることができます。また、この3次元の画像はいろんな角度から観察することができるため、診断や手術の計画を立てる時などに役立ちます。

    RI(核医学検査)

    RI(核医学検査) 写真

     RIとはラジオアイソトープ(radioisotope:RI)の略で放射性同位元素のことです。RI検査は、微量の放射性同位元素(RI)を体内に静脈注射等で投与し、放射性同位元素(RI)が発する微量の放射線の動態を体外からガンマカメラ装置で撮影する検査です。転移性骨腫瘍の検出、脳や心筋の血流検査、腎機能検査、甲状腺検査、リンパ節検査など多種多様の検査があり、目的に応じて様々なRIを使い分けます。
     前処置も検査によって異なりますので、詳しくは予約の時にご説明します。

    放射線治療部門の構成スタッフ

    放射線治療を担当する常勤医数 1名
    放射線治療を担当する診療放射線技師数 5名
    放射線治療専属の診療放射線技師数 4名
    日本医学放射線学会専門医 1名
    放射線治療品質管理機構「放射線治療品質管理士」 1名
    日本医学放射線学会「医学物理士」 2名
    放射線治療専門技師認定機構「放射線治療専門技師」 1名
    放射線治療の原発巣別新規患者数

    2014年度 原発巣別新規患者数

    治療内容 患者数
    良性疾患 1例
    頭頚部腫瘍 9例
    食道がん 10例
    肺・気管/縦隔腫瘍 60例
    乳がん 106例
    肝・胆・膵がん 7例
    胃・小腸・大腸・直腸がん 15例
    婦人科腫瘍 34例
    泌尿器系腫瘍 31例
    皮膚・骨・軟部腫瘍 0例
    3例

    2013年度 放射線治療(緩和医療)の実患者数

    治療内容 患者数
    脳転移 12例
    骨転移 54例
    リアニック装置 写真


    サイバーナイフ 写真
    放射線治療実績

    2013年度 放射線治療全般

    新規放射線治療患者実人数(新患) 188名
    放射線治療患者実人数(新患+再患) 206名

    2014年度 密封小線源治療

    腔内照射をおこなった実人数 21名
    組織内照射をおこなった実人数 1名
    治療計画 写真
    ストロンチウムによる疼痛緩和治療の実績

    2014年度 実績

    ストロンチウムによる疼痛緩和治療を行った回数 9回
    甲状腺アブレーション 1例
    サイバーナイフ 91例
  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 薬剤師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ