• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 薬剤部
  • 部門案内

    薬剤部


    部門紹介

    理念

      薬学の専門知識と思いやりの心に基づいて、患者さんに質の高い安心・安全な薬物療法を提供する。

    基本方針
    • 患者さんが安心して薬を使用できるように医薬品情報を活用します。
    • 高い倫理観をもって、科学的根拠に基づく安全な薬物療法を推進します。
    • 自ら学び考え、次世代の医療人を育てます。
    • 医療の発展のために薬学研究を行います。
    • 地域医療スタッフと連携し地域に貢献します。
    • 薬剤師の職能を通じた社会貢献を行います。
    薬剤部紹介
    薬剤部のご紹介 写真

     長崎みなとメディカルセンター 薬剤部では、患者さんへ安心・安全な薬物療法を提供するために様々な取り組みを行っております。
     診療(薬剤業務)におきましては、調剤・ 服薬指導だけでなく、院内製剤、抗がん剤調製、医薬品情報管理業務、薬物血中濃度モニタリング(TDM)などに加えて、病棟に薬剤師を配置し、より適切な処方の提案を行うなど、他の医療スタッフと協力できる体制を構築しております。
     また、診療だけでなく、研究、教育、さらに社会貢献を遂行できるように日々研鑽しております。当院は、学会認定薬剤師および専門薬剤師の認定の取得を支援しておりますので、我々は様々な学会や研修に参加し、薬物治療の最新知識の習得に日々取り組むことができています。さらに自ら研究を行いその結果を学会で発表したり論文として投稿 しています。これらの研鑽の結果、当院には様々な分野の専門・認定薬剤師がいます。その薬剤師の知識をもって毎年薬学部学生の実務実習を受け入れて指導を行い、医学部学生の実習も毎年受け入れております。これから院内・院外の様々な職種の方々と協力して長崎の地域医療、医薬品安全使用に貢献していきたいと考えております。

    薬剤部業績

    業務内容

    調剤業務
    調剤業務 写真

     医師の処方せんに基づき外来患者さん、入院患者さんのお薬を調剤しています。調剤にあたって用法・用量が適正か、飲み合わせに問題がないかなどを確認し、患者さんに適切な処方がされるように調剤を行っています。疑義があれば処方医師に照会し必要に応じて変更をしてもらうこともあります。錠剤・散剤(粉薬)・水剤・外用剤(目薬、シップ、吸入剤等)など数多くの医薬品の在庫管理や使用期限管理も行っています。
     お薬に関して不安や疑問に思われることがあれば、薬剤部の窓口にお気軽に声をおかけ下さい。

    注射調剤業務
    注射調剤業務 写真

     注射処方せんの鑑査、注射個人セットの払い出し、病棟常備注射薬の集計・補充など注射薬・輸液全般の業務を行っています。調剤にあたっては用法用量の確認や輸液・注射薬の配合変化に関する確認などを行い、必要に応じて疑義照会を行っています。また、当院では、全入院患者さんを対象とした注射薬の「一本渡し」を実施しています。

    製剤業務
    製剤業務 写真

     院内製剤、特殊製剤などについて、医師の求めに応じ薬剤師が調製します。「院内製剤」とは病院内で使用されるために特別に作成される薬剤の事です。調製する製剤としては、市販されていないもの、市販されていても新鮮度が要求されるもの、特殊な治療に用いるものなどがあります。 院内製剤を実際に使用される前に患者さんに有効性および安全性を十分に説明し、同意いただいて使用されます。

    医薬品情報管理業務(DI)

     医薬品が適正に使用されるように、医薬品に関する効果・副作用等の最新情報を収集・整理して医療スタッフ全般に提供しています。薬物療法が適正に行われるよう病院内・院外を問わず情報提供を行っています。他にも電子カルテ、処方オーダリングへの薬剤登録・管理等も行っています。

    化学療法
    化学療法 写真

     当院の化学療法はEBM(根拠にもとづく医療)のもと、院内化学療法委員会で承認されたレジメン(抗がん剤の使用量や使用手順、スケジュールを細かく決めた手順書)に基づいて行われています。
     薬剤部においては患者さんごとの治療レジメンの管理を行い、患者さんに対して実際に化学療法を行う際にはその処方が承認されたレジメン通りに行われるのかを薬剤師が厳正に監査し、また使用する抗がん剤等の調製も薬剤部内のクラスIIBの安全キャビネット内で無菌的に調製しています。

    病棟薬剤業務

     当院では各病棟に薬剤師を配置しています。
     病棟で薬剤師は、患者さんに対して薬を使用する理由、使用方法、効果や副作用について説明をします。また、薬に関して退院後に必要なことを説明しています。さらに、薬の効果が得られているか、薬の使用に問題はないか、副作用がおこっていないか、飲み合わせに問題ないかなどを確認し、安心・安全な薬物療法がおこなわれるように働いています。病棟などに常備している薬剤の管理にも関与しています。。
     わからない薬があったり、薬で困ったことがありましたら、お気軽に薬剤師をお呼びください。患者さんのお力になりたいと考えています。

    高カロリー輸液(TPN)混合調剤

     TPN輸液の無菌調製を行っています。「TPN」とは高カロリー輸液療法のことで、食事を十分にとることができない患者さんに注射の形で栄養を中心静脈から投与します。調製は薬剤部内のクリーンベンチ内で無菌的に行います。

    チーム医療

     薬剤師としての知識や技術を活かして、医師や看護師など医療スタッフと連携したチーム医療に貢献しています。

    参加しているチーム医療

    • 緩和ケアチーム
    • 感染管理委員会
    • 糖尿病教室
    • 化学療法委員会
    • 栄養サポートチーム(NST)
    • 褥瘡委員会など
    その他

     TDM(薬物血中濃度モニタリング)、麻薬管理、治験、各種委員会への参加…などなど薬に関連する多種多様な業務を行っています。

    当院薬剤部の専門・認定薬剤師について

    日本医療薬学会 指導薬剤師 : 樋口 則英、佐道 紳一

    日本医療薬学会認定薬剤師のうち、顕著な実務経験と数多くの学術活動・学会活動の実績を有し、認定薬剤師を養成するための指導に当たる薬剤師であり、学会の審査の上、指導薬剤師として委嘱されます。

    感染制御専門薬剤師(日本病院薬剤師会) : 佐道 紳一
    佐道紳一 写真

     感染制御専門薬剤師は、感染制御に関する高度な知識、技術、実践能力により感染制御を通じて患者が安心・安全で適切な治療を受けるために必要な環境の提供に貢献するとともに、 感染症治療に関わる薬物療法の適切かつ安全な遂行に寄与することを目的とする資格です。院内では、感染制御チーム(ICT)のメンバーとして活動しています。

    がん専門薬剤師(日本医療薬学会) : 森 善洋
    森 写真

     がん専門薬剤師は、がん領域の薬物療法について一定水準以上の実力を有し、医療現場において活躍しうる薬剤師を「がん専門薬剤師」として日本医療薬学会が認定している資格です。高度化するがん医療の進歩に伴い、がん薬物療法について高度な知識・技術と臨床経験を備えた薬剤師として、その専門性を活かしたより良質かつ安全な医療を提供し、国民の保健・医療・福祉に貢献することを目的として活動しています。

    薬物療法専門薬剤師(日本医療薬学会) : 樋口 則英
    樋口 則英 写真

     薬物療法専門薬剤師は、広範な領域の薬物療法について薬剤師として一定水準以上の臨床能力を有し、現に医療現場において活躍している薬剤師を「薬物療法専門薬剤師」として日本医療薬学会が認定している資格です。幅広い領域の薬物療法において、高い水準の知識・技術及び臨床能力を駆使して、 他の医療従事者と協働して薬物療法を実践することにより、患者に最大限の利益をもたらすことができる信頼される薬剤師として、国民の保健・医療・福祉に貢献することを目的として活動しています。

    栄養サポートチーム専門療法士(日本静脈経腸栄養学会) : 樋口 則英

     栄養サポートチーム専門療法士は、日本静脈経腸栄養学会が認定する資格で、薬剤師のみではなく、管理栄養士、看護師など様々な職種が認定の対象となっています。この領域の薬剤師の役割として、静脈・経腸栄養療法における処方支援・設計・栄養療法における医薬品の適正使用推進、病棟薬剤師業務と栄養管理の連携などがあります。

    糖尿病療養指導士(日本糖尿病療養指導士認定機構) : 山下 真由美
    山下真由美 写真

     糖尿病療養指導士は、糖尿病治療に最も大切な自己管理(療養)を患者に指導する医療スタッフのことで、薬剤師のみではなく、管理栄養士、看護師、臨床検査技師、理学療法士が認定の対象となっています。 現在は、院内の糖尿病チームの一員として、糖尿病教育入院患者の指導にあたっています。

    日本医療薬学会 認定薬剤師 : 樋口 則英、佐道 紳一、木下 真理子、森 善洋
    木下真理子 写真

     日本医療薬学会認定薬剤師は、医療薬学分野における実務経験に基づいた一定水準以上の知識・技能を兼ね備え、さらに学術活動・研究活動の実績を有する薬剤師を「認定薬剤師」として日本医療薬学会が認定している資格です。薬の専門家として広範にわたる知識と練磨された技能を備えた薬剤師として、高度化する医療の中で良質かつ安全な 薬物療法の提供と、医療薬学の普及向上を図ることを目的として活動しています。

    糖尿病薬物療法准認定薬剤師(日本くすりと糖尿病学会) : 山下 真由美

     糖尿病薬物療法准認定薬剤師は、糖尿病薬物療法に関する自己研鑽を積んだ薬剤師のうち、認定に必要な資格を有し、認定審査に合格した薬剤師を「准認定薬剤師」として、日本くすりと糖尿病学会が認定している資格です。薬の専門家として幅広い糖尿病の知識と洗練された技能を備え、高度化する医療の中で良質かつ安全な薬物療法の確立を図ること、さらに基礎薬学・医療薬学の普及向上を図ることを目的として活動しています。

    施設認定について

    • 日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修施設
    • 日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師研修施設
    • 日本医療薬学会 認定薬剤師制度研修施設
    • 薬学教育協議会 薬学生実務実習受入施設
    新人研修

    長崎みなとメディカルセンター 薬剤部 メンター制度

    新人薬剤師を対象にメンター制度を2017年度より発足いたしました。

    メンター・メンティーの関係のイメージ図

    • 当院のメンター制度では、1年目の薬剤師(メンティ)に対して、日々の業務について直接指導を行う指導係とは別に、原則2年目の薬剤師をメンターとしています。また、中堅薬剤師を第2メンターとして複数でメンティを支援します。
    • 仕事上の課題や悩みなどに対して、メンティ自らがその解決に向けて意思決定し、行動できるように、メンターが支援します。
    • メンター自身もメンティへの支援を通じて、人材育成意識が向上するなど大いに成長できる1年となると考えています。
    • 薬剤部メンター制度は、メンター以外にも薬剤部の教育WGと薬剤部長がメンターのサポートや評価・見直しを行う体制としています。
    写真 写真
    調剤業務 その他の業務
    4月前半 調剤室 注射室
    4月後半 注射室 調剤室 病棟業務見学(1人1時間/月)
    5月 調剤室 注射室 連休中に休日注射払い出しの見学
    病棟業務見学(1人1時間/月)
    6月 注射室 調剤室 TPN見習い
    調剤業務ローテーション入り
    居残りローテーション入り
    病棟業務見習い
    新人発表(調剤室で学んだことについて)
    7月 休日ヘルプのローテーション入り
    休日鑑別ローテーション入り
    薬剤管理指導研修開始
    TPNローテーション入り
    抗がん剤調製見習い/製剤見習い・製剤業務
    8月 抗がん剤調製見習い
    9月 抗がん剤調製ローテーション入り
    10月 新人発表(TPN・抗がん剤業務で学んだことについて)
    11月 OP室麻薬、要管理薬業務見習い
    12月
    1月 DI業務見習い
    2月 薬剤管理指導研修終了
    症例検討カンファ症例発表
    3月 当直練習

    職員研修

    年間スケジュール
    薬剤部 薬物動態勉強会
    (参加:全体)
    新人向け勉強会
    (参加:新人+希望者)
    新人研修講義
    (参加:新人)
    4/24  アミノグリコシド系抗生物質
    5/15  カルバマゼピン
    5/29  ジゴキシン
    6/12  エトスクシミド
    6/26  免疫抑制薬
    7/10  リドカイン
    7/24  リチウム
    8/7  メトトレキサート
    8/21  フェノバルビタール
    9/4  フェニトイン
    9/25  テオフィリン
    10/16 バルプロ酸
    10/30 バンコマイシン
    4/24  風邪症候群
    5/15  感染性胃腸炎
    5/29  高血圧症
    6/12  糖尿病
    6/26  脂質異常症
    7/10  慢性腎臓病
    7/24  気管支喘息
    8/7   COPD
    8/21  狭心症
    9/4   不整脈
    9/25  貧血・熱中症
    10/16  機能性ディスペプシア
        胃潰瘍・十二指腸潰瘍
    10/30  脳梗塞
    11/13  一過性脳虚血発作 
    11/27  痛風
    12/11  関節リウマチ、甲状腺機能亢進症
    1/15  肝硬変
    1/29  慢性肝炎
    2/19  胃癌
    3/5   肺癌
    4/11  電子カルテ・部門システム
    4/12  薬剤部全般、生涯学習について
    4/18  調剤・注射
    4/19  AC鑑別
    4/27  接遇(電話対応等)、DI
    5/11  TPN
    5/18  医療安全
    5/23  病棟業務(持参薬鑑別を含む)
    6/1  医療用麻薬の管理
    6/6  発注
    6/27 処方入力の注意点について
    7/11 輸液
    3/1  当直

    上記に加えて、毎月の症例検討カンファレンスなどで各専門薬剤師から指導を行います。

    担当MRの方へ

    毎日の医薬品情報のご提供ありがとうございます。
    当院での医薬品採用に関する情報を掲載しております。
    ご確認いただき、不明な点は薬剤部までお問い合わせください。

    薬事審議委員会について

    現在予定している薬事審議委員会日程と新規薬品購入願提出期間
      平成29年度
       第1回 平成29年5月19日(金)  (提出期間 4月17日~28日)
       第2回 平成29年8月18日(金)  (提出期間 7月18日~28日)
       第3回 平成29年11月17日(金) (提出期間 10月16日~27日)
       第4回 平成30年2月16日(金)  (提出期間 1月15日~26日)


    当院採用薬一覧

    現在準備中です。

    各種申請様式について

    下記の様式について、各自印刷してご使用ください。
    変更可能なファイルも準備しておりますので、薬剤部までご連絡下さい。

    薬剤部の場所

    当院1階 フロアマップ
    1Fフロアマップ

    当院地階 フロアマップ
    地階フロアマップ
    薬剤師募集

    研修・採用については以下をご覧ください。

      研修・採用について

    先輩からのメッセージ

    薬剤部

    廣兼 誠

     病院薬剤師の仕事はただ患者さんに薬を渡して説明するだけではなく、医師、看護師、その他のスタッフとコミュニケーションをとりながら治療中におこる様々な問題点に関し、連携して治療に参画する点にやりがいを感じています。
     また患者さんの状態が良くなり笑顔で退院されていく瞬間がとてもうれしく感じます。みなとメディカルセンターの薬剤部は、やりがいを持って仕事ができます。現場で実際に薬剤に触れ、薬剤師がどのように医療現場で他の医療従事者と関わり医療の質の向上を行っているのか、一緒に体験し学びませんか。

    薬剤部 採用説明会・施設見学会のご案内

    実施要項

    対象:  長崎みなとメディカルセンター 薬剤部への就職に興味がある方
    見学内容: 薬剤部業務全般
    開催日時: 2017年 5月16日(火) 14:00-16:30
    申込方法: 氏名 大学名 希望日 連絡先電話番号 メールアドレスを明記の上、
    e-mail: メールアドレスへ連絡すること。
    申込締切: 5月12日(金) 13時まで

    採用説明会・薬剤部見学会スケジュール(予定)

    14:00~14:15  薬剤部について(薬剤部長)
    14:15~15:00  薬剤部内見学(調剤・注射・DI・製剤等)
    15:00~15:30  病棟見学(移動時間含む)
    15:30~16:00  採用説明会
    16:00~16:30  質疑応答

    集合時間: 13:50までにお集まりください。
    集合場所: 病院1F 医聖ホール
           正面玄関から入って、エスカレーター下から左にお進みください。
    注意事項: 服装は医療施設に相応しい衛生面を考慮してください。
           スーツ・ネクタイは不要ですがデニムは不可とします。
           上履き・白衣は必要ありません。


    採用説明会・施設見学会の参加については、指導教員の承諾を得るようお願いします。
    申し込み締め切り後、見学会の参加の可否、当日の予定等をメールにて御連絡いたします。

    連絡先: 薬剤部 樋口則英、中村達也
    e-mail: メールアドレス

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ