• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 放射線科
  • 放射線科

    放射線科


    診療内容

    放射線科 写真

     放射線科は放射線画像診断専門医3名、放射線治療専門医1名、診療放射線技師18名がチームを組んで診療にあたっています。
    診療は最新の機器を使い、大きく診断・核医学検査(RI)・治療の3つに分かれます。

    放射線機器を利用しての高度な診断・治療

    • 診断

     診察だけでは診断が困難な病気をCT、超音波、MRIなどの画像診断装置を使って診断を行っています。具体的には診療放射線技師が撮った写真を見て、放射線画像診断医が読影を行い、その結果を各科へレポートすることにより早期の的確な治療へとつながっていきます。

    • 核医学検査

     核医学はごく微量の放射性同位元素にて標識した薬を体内に注射し、その放射性同位元素から出るγ線を利用して、患者さんに苦痛を与えることなく目的臓器の形態や機能を調べることができます。当科では心臓、骨、脳血流などの形態や機能診断を行うだけでなく、ストロンチウム(89Sr)というお薬を注射して、骨転移によって生じる痛みを和らげる治療も行っています。

    • 放射線治療

     主に放射線治療の必要な悪性腫瘍の治療を行っています。放射線治療は癌治療の一環であり、手術、化学療法ともに各科の先生方と一緒に連携して治療を行っています。根治的治療が望める方にも緩和治療が必要な方にも目標設定を行って診療しています。市内では放射線治療装置は当院と大学病院、原爆病院の3ヵ所にしかなく、また子宮頚癌などの治療に有効な腔内照射装置は当院と大学病院にしかありません。

    インターベンショナルラジオロジー(IVR)とは

     IVRとは interventional radiology の略で適切な日本語訳はありません。このためにどんなことをしているのかわかりにくいかと思われますが、簡単にいうと血管造影、X線透視、CT、超音波などの画像の誘導下で行う数々の手技、治療のことです。その特徴としては通常局所麻酔下に行い、術時間や入院期間が少なく・短いことなどが挙げられます。適応の一つとして肝細胞癌、膀胱癌などの悪性腫瘍があり、癌を養っている血管の根元まで細い管(カテーテル)を挿入して、お薬を入れたり、スポンジのようなもので詰めたりして癌を治療します。黄疸や体の中に膿の溜まった患者さんには、減黄や下熱のために、超音波を見ながら目的の構造物に管を入れて治療します。

    高度医療機器の共同利用

     地域連携として近隣の「かかりつけ医」からの電話予約(095-822-3251、内線放射線科受付:4202)により高度で専門的な画像診断(MRI、CT、核医学検査、超音波、マンモグラフィなど)を行い、結果については「かかりつけ医」から説明を受けるシステムもあります。

    診療実績

    2013年度 検査件数および治療件数

    合 計
    一般撮影(単純) 30,559件
    一般造影 1,328件
    血管造影 143件
    X線CT 11,643件
    MRI 3,723件
    核医学検査 561件
    放射線治療 3,942件
    週間外来担当医表

    スタッフ紹介

    • 副院長・主任診療部長・放射線部長

      福田 俊夫

      長崎大学出身 昭和53年卒業
      ■特に専門とする領域
      放射線医学全般、CT・MRIを中心とした画像診断
      ■専門医・認定医
      日本医学放射線学会放射線診断専門医、PET核医学認定医、日本IVR学会専門医、検診マンモグラフィ読影認定医、肺がんCT検診認定医、臨床研修指導医



    • 診療部長

      南 和徳

      長崎大学出身 平成3年卒業
      ■特に専門とする領域
      放射線治療、放射線医学全般
      ■専門医・認定医
      日本医学放射線学会放射線治療専門医、日本がん治療暫定教育医、日本がん治療認定医、放射線取扱主任者


    • 医長

      福島 文

      長崎大学出身 平成9年卒業
      ■特に専門とする領域
      放射線医学全般、全身画像診断
      ■専門医・認定医
      日本医学放射線学会放射線診断専門医、検診マンモグラフィ読影認定医
    • 医長

      御手洗 和範

      長崎大学出身 平成15年卒業
      ■特に専門とする領域
      放射線医学全般
      ■専門医・認定医
      日本医学放射線学会放射線診断専門医、 日本IVR学会専門医
    • 医師

      小武 隆子

      長崎大学出身 平成24年卒業
      ■特に専門とする領域
      放射線医学全般
      ■専門医・認定医

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ