• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 形成外科
  • 形成外科

    形成外科


    診療内容

    形成外科 写真

     形成外科は平成24年4月に新たに開設された診療科です。当科のモットーとして、患者さんやご家族と親身に向き合い、信頼される関係を結んでゆくよう診療にあたることを心掛けています。
     「形成外科」では、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にも、より正常に、より美しくすることによって、皆様の生活の質 “Quality of Life ” の向上に貢献していきたいと思っています。
     なお、「形成外科」の外来診療日は平日毎日行っています。また、水曜日の午前に乳房再建外来、眼瞼下垂症外来(いずれも専門外来)を行っています。学会出張等で休診になることもあるので事前に電話やホームページでご確認ください。

    対象疾患・得意分野・専門分野

     新鮮外傷、きず跡の修正・新鮮熱傷・指粘液嚢腫・脂肪腫、粉瘤、色素性母斑・眼瞼下垂症・腋臭症(わきが)・耳瘻孔・陥入爪、巻き爪変形・切断指再接着・ピアスケロイド・神経線維腫症(レックリングハウゼン氏病)・顔面骨骨折・手足の先天異常(合指趾症、裂手・裂足)・副耳、耳前瘻孔・耳介変形(埋没耳、立ち耳、折れ耳、スタール耳、耳垂裂)・手指骨折、腱損傷・陥没乳頭・乳癌術後の乳房再建(自家組織によるもの、インプラント(シリコンバッグ)によるもの)・軟部組織欠損・涙小管損傷・足趾壊疽
    ・その他(色素性母斑、皮膚腫瘍、ガングリオン、指粘液嚢腫、血管腫、ケロイド、肥厚性瘢痕、瘢痕拘縮、褥瘡、難治性潰傷、損傷した神経の再建、リンパ浮腫、小耳症、臍形成、臍ヘルニア(出べそ)、Dupuytren拘縮、バネ指、爪下血腫、鶏眼・胼胝、毛巣洞、舌小帯短縮症など)

    各疾患の特徴や治療法について、以下のPDFファイルでご紹介しております。

    診療実績

    2016年形成外科の主な手術内容

    疾患名 件数
    外傷(熱傷・凍傷・顔面軟部組織損傷・顔面骨折・上肢、下肢の外傷など) 137件
    先天異常(唇裂、口蓋裂・頭蓋、顎、顔面の先天異常・頚部、四肢、体幹の先天異常など) 8件
    腫瘍(良性腫瘍、悪性腫瘍、腫瘍切除後の組織欠損(一次再建、二次再建)など) 196件
    瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 29件
    難治性潰瘍 113件
    炎症・変性疾患 105件
    その他 8件
    週間外来担当医表

      月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
    新・再 中野 基 受付13:30~15:00
    長崎大学 応援医師
    長崎大学 応援医師 中野 基 芦塚 翔子
    新・再 芦塚 翔子 9:00~眼瞼下垂症外来
    10:00~乳房再建専門外来
    中野 基
    ~10:30
    芦塚 翔子
    スタッフ紹介

    • 主任診療部長

      中野 基

      長崎大学出身 平成4年卒業
      ■特に専門とする領域
      先天奇形、頭蓋・顎・顔面、マイクロ、熱傷
      ■専門医・認定医
      日本形成外科学会専門医、臨床遺伝専門医、日本頭蓋顎顔面外科学会専門医、日本熱傷学会専門医、臨床研修指導医、日本乳房オンコプラスティック学会 評議員、 長崎県在宅褥瘡セミナー世話人


    • 医師

      芦塚 翔子

      長崎大学出身 平成26年卒業
      ■特に専門とする領域
      形成外科一般
      ■専門医・認定医

    • 長崎大学 応援医師


      ■特に専門とする領域
      形成外科一般
      ■専門医・認定医

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ