• ホーム
  • 診療科・部門紹介
  • 脳神経内科
  • 脳神経内科

    脳神経内科


    診療内容

    神経内科 写真

     「神経内科」という名前を聞きなれない方も多いかと思います。「心療内科」「精神科」「神経科」などと響きが似ているため混同されることが多いのですが、これらの科は心の病や、心の病によって身体症状がでてくる患者さんをみる診療科です。神経内科はこれらの科とは異なり、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの病気を「内科的に治療する科」です。脳、脊髄の病気を「外科的に治療する科」である脳神経外科とみる病気には共通するものがありますが、手術が必要である場合には、脳神経外科が担当し、そうでない場合は神経内科が診察します。脳神経外科の内科版ととらえ、患者様に分り易いように当院では「脳神経内科」と標榜しています。高齢化社会を迎え、神経内科医に対する社会的需要は増大していますが、長崎県は神経内科専門医が少なく、とくに長崎市南部地区は都市部にも関わらず絶対的に数が不足しています。 このような状況の中で患者さまにご迷惑が掛からないようスムーズな診療を心がけています。診断や治療に苦慮する症例においては、長崎大学病院、県内の神経内科関連病院とも連携をとって診療にあたっています。今後とも市民の皆さまが安心してかかれる脳神経内科の中核病院を目指していきたいと思います。

    対象疾患・得意分野・専門分野

     手足がしびれる、手足に力が入らない、歩行がしづらい、言葉がうまく話せない、めまいがする、ふらつく、物忘れがある、頭痛がする、手足がふるえる、ひきつき・けいれんが起こる、食べ物をむせる、物が二重に見える、などの症状がみられた場合には脳神経内科の病気である可能性があります。脳神経内科が扱う対象疾患は多岐にわたりますが、例を挙げると、脳卒中、頭痛性疾患、てんかん、アルツハイマー病などの認知症、パーキンソン病、末梢神経障害、筋ジストロフィーなどがあります。

    脳神経内科は次の3つを重要視しています。

    1)脳神経救急医療

    新病院開院による救急医療体制の拡充、脳神経外科の入院診療の開始により、超急性期脳卒中の診療 に積極的に取り組んでいます。脳神経内科は、脳神経外科、救急科、リハビリテーション部とも協力しながら、脳卒中診療に関わっていきたいと思います。病棟では、脳神経外科、リハビリテーション部、看護部との合同カンファレンスを開始し、各部署間で意見交換、情報共有を行い、患者さまの治療方針の決定に役立てています。カンファレンスを通じて透明性を確保し、垣根のない雰囲気づくりを目指しています。そのほか、髄膜炎・脳炎、てんかん重積状態、ギラン・バレー症候群、内科疾患にともなう意識障害など神経救急全般に対応していきます。

    2)神経変性疾患・神経難病医療

    神経救急疾患だけではなく神経変性疾患・神経難病などの慢性神経疾患医療も重要分野であると位置づけています。外来では、アルツハイマー病、レビー小体型認知症、パーキンソン病とその類縁疾患などの患者さまが多く来院されます。頭部MRI、脳血流SPECT、MIBG心筋シンチ、物忘れテストなどの検査を積極的に行い診断に役立てています。また筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、筋ジストロフィーなどの神経難病、希少疾患まで幅広く診療をおこなっています。

    3)地域医療・介護・福祉機関との連携

    神経疾患という特性上、ハンディキャップをお持ちの方も多く、患者さまが安心して在宅療養がおくることができるよう全人的な支援が必要と考えています。そのために、地域の病院・開業医の先生方、ケアマネージャー、在宅看護、介護スタッフ、施設職員、行政の方々など関連機関との連携を重要視しています。

    診療実績

    ・2016年度外来診療実績

     外来では年間のべ約5千人の患者さんの診療を行っております。地域医療機関との連携を重視しております。

    ・2016年度入院診療実績

    疾患名 入院患者数
    脳血管障害 181例
    神経変性疾患 筋萎縮性側索硬化症 11例
    パーキンソン病 17例
    他のパーキンソニズム(PSP、CBDなど) 9例
    多系統萎縮症(SDS、OPCA、SNDなど) 4例
    脊髄小脳変性症(多系統萎縮症を除く) 1例
    その他 4例
    認知症性疾患 アルツハイマー病 6例
    その他 12例
    免疫関連性中枢神経疾患(MS、脊髄炎、ベーチェット病など) 9例
    末梢神経疾患(GBS、CIDP、CMDなど) 9例
    筋疾患(筋炎、皮膚筋炎、ジストロフィーなど) 8例
    神経感染症(脳炎、髄膜炎など)、脳症 23例
    てんかん 45例
    腫瘍 4例
    中毒性神経疾患 5例
    内科疾患、代謝性疾患に伴う神経障害 20例
    その他 29例
    検査実施件数:2016年

     CT:612件、MRI:1262件、SPECT:109件、
     脳血管撮影:5件、頭頚部血管超音波検査:154件、脳波:125件、神経伝導検査:173件、針筋電図:12件、誘発筋電図:1件、筋生検・神経生検:0件

    週間外来担当医表

      月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
    新患 六倉 和生
    (要予約)
    濵邊 順平
    (要予約)
    德田 昌紘
    (要予約)
    再診 德田 昌紘 六倉 和生
    スタッフ紹介

    • 主任医長

      六倉 和生

      福岡大学出身 平成10年卒業
      ■特に専門とする領域
      神経内科一般
      ■専門医・認定医
      日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会専門医、日本神経学会認定神経内科専門医・指導医、医師会認定産業医

    • 医長

      德田 昌紘

      長崎大学出身 平成15年卒業
      ■特に専門とする領域
      脳神経内科
      ■専門医・認定医

    • 医師

      濵邊 順平

      長崎大学出身 平成22年卒業
      ■特に専門とする領域
      脳卒中
      ■専門医・認定医
      日本内科学会認定内科医、日本神経学会認定神経内科専門医、日本脳卒中学会専門医

    • 医師

      山下 彩

      長崎大学出身 平成27年卒業
      ■特に専門とする領域
      脳神経内科
      ■専門医・認定医

    その他

    急性発症疾患の患者さんにつきましては事前にご連絡ください。

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ