• ホーム
  • がん診療について
  • Cancer Conference
  • Cancer Conference

    Cancer Conferenceのご案内


     多臓器にわたるがん、原発不明のがん、難治性がん、稀ながんなど、診断・治療に難渋するような症例を検討し、これらの患者の今後の診断・治療方針を決めるのが主な目的のカンファランスです。
    病理診断科、放射線科、臨床腫瘍科、内科・外科など、複数専門分野のスタッフで協議しています。

     当院以外の症例も一緒に検討させていただきますので、地域の診療機関の方も是非ご参加ください。
     検討したい症例をお持ちの場合などは、臨床腫瘍科医師 峯孝志まで電話でご相談ください。準備をいたします。

    日時:毎週火曜日(祝日はお休みします)午後6時より開催

    検討件数


    検討のべ患者数
    2015年12月9件、2016年1月15件、2月9件、3月7件、4月16件、5月9件
    検討がん種
    大腸がん 9例,胃がん 8例,膵がん 8例,食道がん 5例,胆道がん 2例,原発不明がん 2例,GIST 2例,神経内分泌がん 1例,尿膜管がん 1例,膀胱がん 1例

       期間:2015年12月~2016年5月

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 薬剤師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ