• ホーム
  • がん診療について
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 地域がん診療連携拠点病院とは
  • 地域がん診療連携拠点病院について

    地域がん診療連携拠点病院とは


     がんは今や国民病であり、死因の第一位をずっと占めています。厚労省は、平成18年6月に成立した「がん対策基本法」の中の「がん医療の均てん化」を基に、がん診療連携拠点病院(以下がん拠点病院)の整備を始めました。
     がん診療連携拠点病院とは、がん診療の地域格差を無くし質の高いがん医療を提供するために、地域におけるがん診療連携を推進するために中核となる病院で、厚生労働省が、都道府県からの推薦を受け、整備指針に基づき指定するものです。
     がん診療連携拠点病院指定の理念は、「全国どこでも質の高いがん医療を提供することを目指して、都道府県による推薦をもとに、厚生労働大臣が指定した病院である。がんに関する診療の体制や設備、情報提供、他の医療機関との連携などについて国が定めた基準を満たしている。」というものです。
     長崎県では、都道府県がん拠点病院として、長崎大学病院が指定され、地域がん診療連携拠点病院として、当院のほかに、長崎原爆病院、佐世保市立総合病院、長崎医療センター、長崎県島原病院の6病院が指定されております。
     詳しくは、国立がんセンターがん対策情報センターのホームページに掲載されておりますので、ご覧ください。

    指定の要件

    がん診療連携拠点病院の指定要件は、主に以下の6項目の充実です。

    1.  放射線療法
    2.  化学療法
    3.  緩和ケア
    4.  講演会・研修会
    5.  相談支援センター
    6.  がん登録

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 薬剤師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ