• ホーム
  • 当院のご案内
  • ごあいさつ・理念
  • ごあいさつ
  • ごあいさつ・理念

    理事長ごあいさつ


    兼松 隆之 理事長

    地方独立行政法人
    長崎市立病院機構 理事長

    greetings_02

    7つの階段を登ろう!

     長崎みなとメディカルセンターのホームページへようこそ!
    この病院の主なミッションは、次の四つです。第一は患者さんやそのご家族に対するもの。まずは、質の高い医療の提供を常に心がけます。そして、われわれが何を提供できるかではなく、患者さんが何を求めているかに視点を置き、その要望に迅速かつ丁寧に対応します。第二は職員とその家族に対するもの。責任と誇りを持って仕事ができる環境とシステムを整備します。労働条件や待遇は公正かつ適切なものとし、自己責任の下、持てる能力を真に活かし、やる気につながる評価を導入します。第三は地域に対するもの。地域医療体制作りと維持に協力を惜しみません。第四は長崎市に対するもの。新しいことに挑戦し続け、自らの責任のもと健全な利益を追求し、赤字を出さないよう努めます。
     病院が力を入れるのは、救命救急医療、高度先進医療、周産期医療、結核などの政策医療の4つの領域です。それらを診療の柱として据えることで、存在感のある病院となることを目指します。
     現在、全職員挙げて種々の改善に取り組みを続けていますが、まだまだ院内外の課題も少なくありません。それらを足元から見つめ直しながら、『7つの階段を登ろう!』を合言葉にみんなで力を尽くしていきたいものです。
     ここに示す階段のいくつかは、今のわれわれにとってはあまりにも高すぎる目標かもしれません。そのことは重々承知の上ですが、「いまは不可能だが、蓋然性のあることへの挑戦こそが、新しい明日を拓く」という心意気で果敢に取り組んでいきます。「Done is better than perfect(完璧を期すよりも、まずはやってみよう)」です。皆様の変わらぬご支援を心からお願い申し上げます。

    新しい明日を拓く 7つの階段を登ろう!

    院長ごあいさつ


    橋口 康順 院長

    地方独立行政法人  長崎市立病院機構
    長崎みなとメディカルセンター 院 長

    greetings_04

     長崎みなとメディカルセンターは平成28年3月26日、成人病センターの腎臓内科および結核病棟の入院患者さんの受け入れを無事に行い、成人病センターとの統合が完了いたしました。さらに平成28年7月からはⅠ期棟で臨時の管理部門として使用していた7階病棟の改修を終え、513床の稼働が始まりました。残るは駐車場棟の完成を待つのみとなっております。
     この恵まれた施設を十分に有効活用して市民の皆さんのご期待に沿えるよう、職員一同一丸となって頑張ってまいりたいと思います。
     すでに従前より病院の理念・基本方針はホームページ上でもお示ししておりますが第一に患者さんとそのご家族に満足していただける安全で質の高い医療を提供してまいります。あわせて職員一人一人が自ら研鑽し自己発展を遂げることにより、やりがいを感じることができる職場でありたいと考えております。また当院は臨床研修病院の指定を受けておりますので、若き医療人の育成にも大いにかかわっていきたいと思います。特に救急医療の現場では、まだまだ専従医は不足しておりますが少ないながらも、極めてアクティビティの高い先生方の存在で研修医の指導もしっかりとできております。この領域の充実を図り、医療連携ネットワークの構築に主体的に関われば、地域に必要とされる医療機関であり続けることができると考えております。
     最後に地方独立行政法人という運営形態をとっていることから、中期目標に沿った中期計画を実行するという市との約束事をしっかり守っていくことも重要であります。 医療を取り巻く環境の変化は速く、時機を失すると経営的にも大きな問題を抱えることになる可能性があります。皆様方のお知恵とお力をお借りしながら、まずは安定的な経営基盤を構築すべく努力していく所存でございます。
     今後とも何卒あたたかいご理解とご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

  • サイバーナイフのご紹介
  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • ページのトップへ