• ホーム
  • 当院のご案内
  • 当院の活動と取り組み
  • クリティカルパス
  • 当院の活動と取り組み

    クリティカルパスについて


     クリティカルパスとは、標準的で質の高い治療・ケアを患者さんに提供するために、入院から退院までの予定を表にした治療計画書です。
     入院の際、患者さんにお渡しして、入院中に受ける検査・手術の予定や手術後のリハビリなど治療内容・食事・入浴などの生活の流れをご理解いただき、安心して入院生活を送っていただくためのものです。

    クリティカルパスを使用するメリット

    医療の標準化

     病気に対する科学的根拠に基づいた処置や治療をクリティカルパスに記入して、治療の内容を標準化することができます。

    チーム医療の推進

     多職種がチームとして情報の共有と連携を図り、医療サービスを円滑に提供することができます。

    インフォームド・コンセント

     治療に関する詳細で分かりやすい内容が記入されており、これを用いて説明を行います。

    患者さんへのメリット

    • 入院から退院までの治療や検査の内容がわかり、安心して医療が受けられる。
    • 詳細な情報により、入院・治療に対する理解が深まり、不安の軽減につなげる。
    • クリティカルパスの説明を通して医療者とのコミュニケーションが増え、信頼関係が増す。
    • 退院の予定が立てられ、退院後の療養計画の作成に役立つ。


     当院では、良質な医療サービスを円滑に安心して受けていただけるよう、クリティカルパスの推進に努めています。

    平成27年度のパス適用率

    年月 クリティカルパス適用率 クリティカルパス適用件数
    平成27年4月 45.0% 392
    平成27年5月 44.4% 355
    平成27年6月 46.9% 428
    平成27年7月 46.3% 414
    平成27年8月 46.4% 387
    平成27年9月 48.7% 402
    平成27年10月 44.1% 362
    平成27年11月 48.8% 422
    平成27年12月 47.0% 368
    平成28年1月 46.3% 392
    平成28年2月 45.9% 399
    平成28年3月 49.3% 427
    年度平均 46.6% 395

    当院のクリティカルパス(例)

    パス1

    パス2

    パス3

    パス4
  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ