• ホーム
  • 当院のご案内
  • 当院の活動と取り組み
  • 院内感染管理
  • 当院の活動と取り組み

    院内感染管理


    感染管理

     医療施設において患者さんの高齢化や医療の高度化、そして使用薬剤の多様化などに伴い、医療関連感染が問題となっています。安全な医療の提供と信頼を確保するためには感染対策は重要で、適切な対策が必要とされています。
     当院では、院内感染対策委員会やICT※、看護部感染対策小委員会を組織し、病院一体となって病院内感染対策に取り組んでいます。職員研修会や院内ラウンド、感染対策技術の向上などを行い、患者さんに安全な療養環境を提供するために、日々努力しています。
     近年、市中感染型耐性菌なども問題となってきており、地域の問題を共有するため、近隣の医療施設と連携を取り、意見交換や相互チェックを行っています。

    感染管理 写真

    ※ICT(Infection Control Team)とは

     医療関連感染対策(院内感染)を行うために、具体的活動をチームで行っていく実働部隊。チーム構成は、医師や薬剤師、臨床微生物検査技師、看護師、事務などです。

    当院を訪れる全ての方へのお願い

    • 手洗いを行いましょう!
    手洗いを行いましょう!

    感染対策は手洗いが基本となります。ご協力をお願いします。
    ・各病室や外来受付に、手指消毒薬を設置しております。入室時・退室時にご利用ください。
    ・医療スタッフは、皆様に接する前に手指消毒を行います。その間少しお待たせすることがあります。

    • 咳や熱がある場合には、必ずマスクを着用し、医療スタッフに一言お伝えください。
    必ずマスクを着用

    ・マスクは1階・2階の自動販売機と売店にて販売しております。
    ・総合受付、各診療科受付またはスタッフステーションにて、症状をお伝えください。

    • 医療スタッフの手袋等使用をご理解ください。
    手袋等使用をご理解ください。

    医療スタッフは、感染予防のために採血や注射、オムツ交換の処置の時に必要に応じて
    マスクやビニールエプロン、使い捨ての手袋を使用させていただきます。
    ご理解をよろしくお願いいたします。

    当院の感染管理の取り組み

    1.病院内感染の発生を未然に防止する予防対策を行います。

    • ・病院内感染に関連する情報を収集します。

    • ・エビデンスに基づく病院内感染対策の立案・計画・実施します。

    • ・院内感染対策マニュアルの作成・改定を行います。

    • ・職員からの相談に対応します。

    2.感染症患者の把握を行います。

    • ・耐性菌検出者や重要な流行性疾患患者を把握し、病院内における感染防止対策が適切に行われるようにします。

    3.病院内感染が発生した場合、緊急対策を取ります。

    • ・必要時、患者さんの隔離や接触者の追跡・管理や指導を行います。

    • ・再発防止策を立て、実施します。

    4.病院内感染に関連する職員の健康管理を行います。

    • ・職員の各種ウイルス抗体価を図り、管理しています。

    • ・針刺し防止器具などの対策が適正に行われるよう指導を行います。

    • ・曝露職員のカウンセリングを行います。

    5.病院内感染防止のために必要な職員教育を行います。

    • ・病院内ラウンドや感染対策委員会を通して情報の発信と収集を行います。

    • ・定期的並びに必要時に病院内感染対策研修会を開催します。

    6.抗菌薬の適正使用に取り組みます。

    • ・特定抗菌薬の届出制・許可制を行います。

    • ・抗菌薬の適正使用のために情報の発信と管理・指導を行います。

    7.施設・設備の管理を行います。

    • ・廃棄物は分別し、感染性廃棄物を適切に廃棄します。

    • ・感染予防に効果的な医療材料を導入します。

    その他

    SSIサーベイランス~過去10年間でどうかわってきたのか~ PDFファイル:1.7MB ※一部ぼかし加工をしておりますが、治療の様子の写真がございます。

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ