• ホーム
  • 当院のご案内
  • 当院の活動と取り組み
  • 褥瘡対策
  • 当院の活動と取り組み

    褥瘡対策


    褥瘡対策委員会とは

    褥瘡対策委員会とは 写真

     褥瘡(じょくそう)は、一般的には床ずれと呼ばれるものです。皮膚の同じ部分に長時間自分の体重による圧迫がかかることにより、血流が悪くなり、皮膚表面の組織の酸素不足、栄養不足が引き起こされて壊死(えし)を引き起こすものです。 特に骨が突き出ている部位、寝たきりの人、他のさまざまな要因が複雑に絡み合って褥瘡(じょくそう)ができやすくなります。
     入院される患者さんには様々な褥瘡の発生要因があります。委員会では院内における褥瘡発生の予防に努めること、褥瘡の危険因子を評価すること、褥瘡の早期発見および褥瘡に関する知識・意識の向上を図ることを目的に活動しています。

    褥瘡対策委員会メンバー

     専任医師の形成外科・皮膚科・内科医師を中心に、専任看護師、栄養士、検査技師、薬剤師、事務職員で構成しています。

    活動内容

     当病院は、入院された患者さん全員に褥瘡に関する危険因子評価を実施しています。その結果必要と認められる患者さんについて、専任の医師・看護師が褥瘡予防対策・褥瘡治療・褥瘡ケア計画を行っています。また褥瘡委員は、それらに対して評価・指導・教育の役割を担っています。
     活動の内容としては、月1回の定例委員会では、褥瘡保有・院内発生状況と経過の把握、必要なマットや治療やケア内容などを報告し、褥瘡対策に関する問題点などについて検討しています。多職種で情報を共有し、患者さんに最もよい方法を実施しながら、それぞれの専門性を生かした効率的なチーム活動の推進を図っています。また、年に数回院内研修を計画的に実行し、院内のスタッフ教育を行っています。
     毎月1回の定期回診と病棟からの依頼の臨時回診を行っています。入院患者さんの褥瘡の問題について、病棟スタッフと共に話し合い、最善の治療やケアが提供できるように関わっています。褥瘡対策委員と病棟スタッフとの連携を図り、褥瘡対策チームの実質化に向け効果が得られるようにしています。

  • 手術実績集
  • 研修医募集
  • 看護師募集
  • 薬剤師募集
  • サイバーナイフのご紹介
  • ページのトップへ