• ホーム
  • 当院のご案内
  • ごあいさつ・理念
  • 院長 ごあいさつ
  • ごあいさつ・理念

    院長 ごあいさつ


     本年4月1日より院長に就任しました門田淳一(かどた・じゅんいち)と申します。専門は呼吸器内科・感染症内科です。
     まず最初に自己紹介をさせていただきます。出身は高知県で、1981年に長崎大学医学部を卒業し、長崎大学医学部第二内科に入局しました。その後米国留学を経て、呼吸器内科を専門領域とし春回会井上病院や長崎原爆病院などの関連施設にて勤務の後に、同内科の助手、併任講師、2001年より大分医科大学(現大分大学医学部)第二内科講師として赴任しました。その後准教授を経て、2005年大分大学医学部感染分子病態制御講座(現呼吸器・感染症内科学講座)教授に就任しました。2016年以降は大分大学理事・副学長、同大学医学部附属病院長を務め、この度長崎に戻り本院にお世話になることになりました。どうぞよろしくお願いいたします。
     さて、わが国は超高齢社会を迎え疾病構造は大きく変化してきています。地域においては、高度急性期あるいは急性期病床の削減とともに慢性期や回復期リハビリテーション、介護などを主に担当する病床や病棟を持つ病院への転換や病院間での機能分化が求められています。一方では、医師の働き方改革や診療科偏在にも対応していくことが必要で、地域医療構想と三位一体となった病院運営が求められています。その中で本院は急性期医療を中心として救命救急医療、高度先進医療、周産期医療、結核などの政策医療を柱として、「7つの階段を上ろう」が合言葉となっており、今後も急性期医療を維持しながら、市民の皆様に高度で安心安全な医療を提供していくことが責務であると考えます。
     本院の責務を果たしていくためには経営基盤の安定化とともに本院の特徴や診療科偏在を踏まえた地域医療機関との積極的な機能分化の促進、医療人・職員の働きやすい環境作りが重要です。私の好きな言葉である「継往開来(先人の事業を受け継ぎ、発展させながら未来を切り開く)」の精神で、将来にわたって患者さんも医療人・職員も満足できる病院であり続けるように努力していきたいと思います。どうぞ皆様のご指導、ご協力、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

    地方独立行政法人長崎市立病院機構 副理事長
    長崎みなとメディカルセンター 院長  
    門 田  淳 一

  • 病院情報の公表
  • 研修医募集
  • 看護師サイト
  • サイバーナイフのご紹介
  • 薬剤師募集
  • ページのトップへ