• ホーム
  • 当院のご案内
  • 重要なお知らせ
  • 当院における医師の働き方改革への取り組みについて
  • 重要なお知らせ

    当院における医師の働き方改革への取り組みについて


     6年前の12月18日、長崎市立病院機構傘下の長崎みなとメディカルセンターにおいて、長崎市民の生命を守るべく日夜診療に情熱を傾けていた一人の若手医師が、33年の短い人生に終止符を打ちました。就寝中の突然のご逝去でした。将来を嘱望される有為の医師であるとともに、患者、医療スタッフの誰彼を問わず皆から愛される好漢であったそうです。故人の無念の思いやご遺族の悲しみはいかばかりであったか、想像を絶するものがあります。その後、死因をめぐってご遺族と当機構の間での長年の係争継続という不幸な経緯をたどりましたが、過労死水準をはるかに凌駕する超過勤務の事実が明らかであったことから、本年7月、当機構として過労死であったことを全面的に認め、ご遺族に謝罪し和解に応じていただきました。和解の話し合いの中で、長崎みなとメディカルセンターは職員の過労死という悲劇を二度と繰り返さないために、医師の働き方改革を全力で推進し、全国の病院のモデルたるべき職場環境を実現することをお約束しました。そして、毎年この時期に故人の無念に思いを馳せ働き方改革への決意を新たにするとともに、その進捗状況を社会に発信する機会を設けることとしました。
     その最初の試みとして「第1回働き方改革フォーラム」を企画し今月の開催に向けて鋭意準備を進めてきたところですが、残念ながら新型コロナの流行拡大の現状にあって、開催延期を余儀なくされてしまいました。流行の終息を待っていずれはフォーラム開催を実現する所存ですが、主旨に鑑み、この機に当機構の働き方改革の責任者である森俊介理事による「長崎みなとメディカルセンターにおける働き方改革」の進捗状況報告をホームページに掲載することといたしました。まだまだ取り組みは緒についたばかりの途中経過ですが、ご遺族ならびに広く社会の皆様に評価いただき、今後へのご指導、ご助言を賜ることができれば幸いです。

    2020年12月18日

    地方独立行政法人 長崎市立病院機構
    理事長  片峰 茂

    当院の働き方改革への取り組みについて

    ※本報告書は、無断での2次利用及び転載をお控えください。

    関連ページ
    【重要なお知らせ】

    お問い合わせ・ご連絡先

     長崎みなとメディカルセンター 事務部

     TEL:(代表)095-822-3251 (内線)3715

  • 医師の働き方改革への取組について
  • 病院情報の公表
  • 研修医募集
  • 看護師サイト
  • 広報誌のご紹介
  • 連携大学院(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科)
  • ページのトップへ