• ホーム
  • 当院のご案内
  • ごあいさつ・理念
  • 患者さんの権利と責務
  • ごあいさつ・理念

    患者さんの権利と責務


    当院で治療を受けられるみなさまへ

    医療は患者さんと医療従事者の信頼関係を基礎にした共同作業です。
    私たちは患者さんの権利を尊重するとともに義務を守っていただくことを要望します。

    患者さんの権利(患者さんへのお約束)

    1.全ての人の人格や価値観などが尊重されます。

    2.医療者との相互の協力のもとで、公平で良質な治療を受けることができます。

    3.治療に関して十分な説明と情報を得た上で、それを選択または拒否することができます。

    4.他の医療者の意見を求めることができます。(セカンドオピニオン)

    5.自己の診療記録の開示を求めることができます。

    6.基本的人権とプライバシーが守られます。

    患者さんの責務(患者さんに守っていただくこと)

    1.医療者に対し、自らの健康・疾病状況を正確に提供していただきます。

    2.自らの健康・疾病を理解し、療養に努めていただきます。

    3.他の患者や医療者の迷惑になる言動をしないよう配慮していただきます。

    4.受けた治療に対し、医療費を遅滞なくお支払いただきます。

    こども憲章

    1.子どもたちはどんなときでも一人の人間として大切にされます。

    2.子どもたちは安心できる環境の中で、思いやりのある医療を受ける権利があります。

    3.子どもたちはいつも成長や発達のことを考えた医療を受けることができます。

    4.子どもたちは差別なくみな同等の医療行為を受けることができます。

    5.子どもたちの病気のことは、家族、子どもが許可した人、病院の人にしか知らされません。

    6.子どもたちは自分に起きていることを、理解できる言葉や、方法で説明を受け、自分の考えや気持ちを伝えることができます。

    7.子どもたちは痛みを与える医療行為に対して、泣いたり騒いだり抗議をすることができます。

    8.子どもたちは入院している間も勉強したり遊んだりすることができます。

    9.子どもたちは病気が良くなるようにからだのことや気持ちをできるだけくわしく病院の人に伝えなければいけません。

    10.子どもたちはみんなが気持ちよく過ごすために病院の約束を守らなければなりません。

  • 病院情報の公表
  • 研修医募集
  • 看護師サイト
  • サイバーナイフのご紹介
  • 薬剤師募集
  • ページのトップへ