• ホーム
  • 当院のご案内
  • ごあいさつ・理念
  • 宗教的輸血拒否に対する基本方針
  • ごあいさつ・理念

    宗教的輸血拒否に対する基本方針


    当院では、宗教上の理由による輸血拒否に対し、「相対的無輸血」の方針に基づき、
    以下のとおり対応いたします。

    <基本方針>

    1. 無輸血治療のために最善の努力をしますが、生命維持に必要であると判断した場合は、救命を優先し、
    輸血同意書が得られない場合でも輸血を実施します。(「相対的無輸血」)

    2. 「免責証明書」等、「絶対的無輸血治療」に同意する文書には署名いたしません。

    3. 以上の方針は、患者さんの意識の有無・年齢にかかわらず適用します。

    4. 当院の方針を十分に説明し、相対的無輸血治療に同意いただけるように努めますが、最終的に同意が得られない場合は、他院での治療をお勧めします。


    【相対的無輸血】
    患者の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、
    「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時には輸血するという立場・考え方

    【絶対的無輸血】
    患者の意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方                                                                                                

  • 病院情報の公表
  • 研修医募集
  • 看護師サイト
  • サイバーナイフのご紹介
  • 薬剤師募集
  • ページのトップへ