平成28年度 長崎みなとメディカルセンター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 796 197 260 410 574 915 2,220 2,510 2,110 468
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

【集計条件について】
診療科別に患者数の多いDPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。
患者数が10未満の場合は「-(ハイフン)」で表示しています。
保険診療のみの患者さんが対象です。労災保険や自費等の患者さんのデータは含まれません。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 125 21.03 21.25 36 81.95 誤嚥性肺炎
040040xx99040x 肺がん 化学療法あり 95 16.72 12.35 0 66.25
040040xx9905xx 肺がん パラプラチン+タキソール/アブラキサン 33 17.85 19.24 0 70.97
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 29 20.34 19.92 10.34 69.28
040040xx9908xx 肺がん アリムタ 25 20.12 12.01 0 71.96
DPCコードにより細分化されてしまいますが、疾患別では、肺の悪性腫瘍が最も多く、その次に誤嚥性肺炎、肺炎となっております。その他、呼吸器内科では、DPC対象外の肺結核に対する専門的治療も行っております。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 呼吸器内科
心臓血管内科・心臓血管カテーテル治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症 慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査 493 2.91 3.06 0.61 69.38 心臓カテーテル検査
050050xx02000x 狭心症 慢性虚血性心疾患 冠動脈ステント留置術等 256 4.69 4.71 1.17 70.21 経皮的冠動脈ステント留置術
050030xx97000x 急性心筋梗塞 冠動脈ステント留置術等 119 13.56 13.02 5.04 68.27 急性心筋梗塞
050130xx99000x 心不全 86 16.9 17.95 12.79 84.12 心不全
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 70 11.9 11.38 10 82.29 ペースメーカー植え込み
1位と2位は狭心症や慢性の虚血性心疾患です。当院では心臓カテーテル検査を行い、治療が必要な場合にはステント留置術等を行っています。
3位は急性心筋梗塞です。夜間・休日にかかわらず24時間体制で循環器専門医が迅速で適切な治療を行っています。心不全の患者さんは平均年齢は84.1歳と高齢です。心不全チームがリハビリテーション、薬剤指導、栄養指導を積極的に行い再入院の予防を目的に日々活動しています。
5位の050210xx97000x は洞不全症候群や房室ブロックに対しペースメーカー移植術や体外ペースメーキング術を行った症例です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 心臓血管内科・カテーテル治療科
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 内視鏡的胆道結石除去術等あり 93 9.41 11.06 9.68 74.51 ERCP
060020xx04x0xx 早期胃がん 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術あり 76 8.07 9.02 1.32 74.76 胃ESD
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 血管塞栓術等あり 74 9.84 11.74 5.41 74.85 アンギオ
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 ラジオ波焼灼療法あり 42 8.76 8.7 0 75.98 RFA
060102xx99xxxx 大腸憩室炎 39 8.41 7.89 2.56 55.26 憩室炎
消化器内科で最も多い症例は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術ですが、DPC対象外(短期滞在手術料)となり集計対象外症例となっています。胃・大腸・肝臓・胆道疾患に対し内視鏡治療を積極的に行っています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。   → 消化器内科
糖尿病・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x000 2型糖尿病  36 8.03 11.48 0 58.08 糖尿病教育入院
100070xx99x100 2型糖尿病 インスリンあり 33 8.94 14.61 3.03 58.12
100070xx99x010 2型糖尿病 定義副傷病あり 18 7.94 12.46 0 64.78
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 11 13 13.78 9.09 58.27
100070xx99x110 2型糖尿病 インスリンあり 定義副傷病あり 11 8.64 16.31 0 71.36
DPCコードは手術・処置等の組み合わせで非常に細分化されているため、インスリンの使用の有無、合併症の有無、年齢などの組み合わせで分かれております。2型糖尿病に対する治療だけではなく1型糖尿病への治療も行っております。2型糖尿病に対する教育入院は2015年7月から長崎県内唯一の1週間入院です。1週間に短縮後も減量及びHbA1c改善効果は維持できています。糖尿病代謝内科は、自科の患者さんだけでなく、他科の血糖のコントロールが必要な患者さんに対しても関わっています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 糖尿病・代謝内科
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中3日目以内かつJCS10未満)手術なし エダラボンあり 30 22.53 16.54 46.67 71.73 脳梗塞
010230xx99x00x てんかん 24 5.63 7.12 12.5 54.17
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 16 7.25 9.36 0 28.31
010155xxxxx2xx 運動ニューロン疾患等 エダラボンあり 15 10.53 17.8 0 76.4
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 15 7.07 7.52 6.67 57.47
010060x2990401は脳梗塞に対し手術を行わず、エダラボン注射を行う症例です。安心して在宅療養を送ることができるよう様々な支援が必要と考えています。地域の医療機関と連携をとりながら長期的な計画で診療を行っている為転院率が高くなっています。
010230xx99x00xはてんかんに対して治療を行った症例です。
その他、難病疾患に対する治療も行っております。
脳疾患への対応として、脳神経外科と協力し、24時間ホットライン体制や1つの病棟に配置するなど、チーム医療が更に充実し、専門性の高い医療を提供しています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 脳神経内科
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 リツキサンあり 29 16.52 16.83 13.79 67.48
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術(輸血)あり 化学療法あり 28 28.96 36.08 21.43 74.43
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 化学療法あり 20 18.65 17.63 5 72.55
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術(輸血)あり リツキサンあり 13 33.85 34.9 23.08 69.85
130030xx97x41x 非ホジキンリンパ腫 手術(輸血)あり リツキサンあり 定義副傷病あり - - 53.85 - -
血液内科では非ホジキンリンパ腫が上位5位となっています。実施する手術とは、繰り返し抗がん剤治療を行うために体内にポートを植え込む手術です。
診療内容によってDPCコードが細かく分かれるため、5位までを非ホジキンリンパ腫が占めていますが、その他には多発性骨髄腫、急性白血病等の治療も行っています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 血液内科
産科・婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 帝王切開術 58 9.84 9.88 0 33.17 帝王切開
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 57 21.74 20.79 10.53 31.32
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 化学療法あり 43 3.67 5.12 2.33 61.3
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 化学療法あり 30 8.77 4.84 3.33 71.2
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 30 5.63 6.05 0 34.07 妊娠糖尿病教育入院
DPCコードの順位で示していますが、疾患別で言うと、頸・体部の悪性腫瘍の疾患が第1位となっております。また、子宮頸部(膣部)切除術はDPC対象外(短期滞在手術料)のため除外しておりますが、第3位症例数となっております。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 産科・婦人科
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎(15歳未満) 123 5.75 5.79 0 3.88 呼吸器感染症
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 104 5.88 6.02 0 0.95
040100xxxxx00x 喘息 103 7.64 6.42 0 3.34
0400801099x00x 肺炎(0歳) 68 6.22 6.3 0 0
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 38 5.45 6.18 5.26 0
0400801199x00x 15歳未満の肺炎や百日咳に対し、手術は行わず治療を行った症例です。
040090xxxxxx0x 気管支炎に対して治療を行った症例です。
040100xxxxx00x 喘息に対して治療を行った症例です。
0400801099x00x 0歳の肺炎や百日咳に対し、手術は行わず治療を行った症例です。
140010x199x00x 出生体重が2500g以上の低出生体重児や早産児に対して治療を行った症例です。

小児科では長崎地区における小児の2次医療を担っており、かかりつけ医と連携を図りながら治療を行っています。肺炎や気管支炎等の治療が多く、また、NICUを含む16床の新生児室を併設しており早産/低出生体重児の治療・管理を行っています。5位の140010x199x00xは早産/低出生体重児等ですが、出生体重や行った処置によって細かく分かれています。類似のコードを合わせると、早産/低出生体重児は当科では2番目に多い症例です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 小児科
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 89 6.82 6.82 3.37 62.49 胆石症
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 50 12.92 15.92 6 71.58 結腸切除術
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 45 6.64 7.61 2.22 62.67 胆のう炎
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 37 5.19 5.6 2.7 27.78 虫垂炎
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 30 18.63 17.65 20 73.93 胃切除術
060330xx02xxxxは腹腔鏡下で胆嚢摘出する症例です。予定で行われることが殆どです。
060035xx01000xは結腸の悪性腫瘍を外科的に切除する症例です。腹腔鏡下で積極的に行っております。
060335xx02000xは胆のう炎に対し腹腔鏡下で胆嚢を摘出する症例です。緊急に行われることが多い症例です。
060150xx03xxxxは急性虫垂炎で虫垂切除術を行う症例です。平均年齢が27.78歳と他疾患と比べると若いというのが特徴です。
060020xx02x0xxは胃の悪性腫瘍に対して胃切除術を行う症例です。腹腔鏡下で積極的に行っております。

※鼠径ヘルニアに対して行われる腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術はDPC対象外(短期滞在手術料)のため除外しておりますが、第3位症例数となっております。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 消化器外科
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 20 24 21.94 10 76.15
050080xx01010x 弁膜症  ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 13 32.38 24.7 7.69 76.69
050050xx0101xx 狭心症 冠動脈、大動脈バイパス移植術 12 24.58 23.36 0 68.33
050161xx97x11x 解離性大動脈瘤 大動脈瘤切除術 10 33.2 46.48 10 72.7
050050xx01110x 狭心症 冠動脈、大動脈バイパス移植術 心臓カテーテル検査あり - - 27.92 - -
050163xx02x1xxは非破裂性大動脈瘤に対し、腹部大動脈瘤切除術等を行った症例です。
050080xx01010xは弁膜症に対し弁置換術等を行った症例です。
050050xx0101xxは狭心症、慢性虚血性心疾患に対し冠動脈バイパス術等を行った症例です。
050161xx97x11xは解離性大動脈瘤に対し、大動脈瘤切除術等を行った症例です。
050050xx01110xは狭心症、慢性虚血性心疾患に対し冠動脈バイパス術等を行った症例です。
心臓血管外科は、2014年1月に新たに開設された診療科です。心臓、大動脈、末梢動脈に対し外科的手術を行っております。心臓や、大動脈の手術が主ではありますが、下肢静脈瘤の手術等も行っております。当院は、内科的な心疾患患者を積極的に受け入れており、その中で、内科的治療では対処できない患者さんの外科的手術等を速やかに施せる体制を整えております。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 心臓血管外科
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 64 12.34 12.73 9.38 70.55 肺がん
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等あり 16 9.25 10.09 0 36.13 気胸
040200xx99x00x 気胸 手術なし 10 9.8 9.14 20 52.9
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり - - 31.34 - -
160450xx99x0xx 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし - - 9.5 - -
040040xx97x0xxは肺癌に対し胸腔鏡下悪性腫瘍手術等を行った症例です。
040200xx01x00xは気胸に対し胸腔鏡下肺切除術等を行った症例です。
040200xx99x00xは気胸に対し手術は行わず治療した症例です。
040150xx97x00xは肺アスペルギルス症に対し、肺切除術等を行った症例です。
160450xx99x0xxは外傷性の気胸等に対し、手術は行わず治療した症例です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 呼吸器外科
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等あり 30 12.47 10.3 6.67 62.47 乳房切除
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)あり 30 6.47 6.59 6.67 57.33 乳房部分切除
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 あり 19 10.58 11.57 0 60.47 乳房部分切除(郭清あり)
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 ジェムザールあり 19 2 4.64 0 54.11 化学療法
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 13 2 4.56 0 62.92 甲状腺
DPCコードは入院中に行う手術別・処置別などで細かく分かれます。乳腺内分泌外科では、乳がんに対する手術を行う症例、化学療法を行う症例が上位に上がっておりますが、その他、甲状腺の悪性腫瘍に対する手術なども行っております。
乳がんは、現在も増え続けており、日本人女性の12人に1人が乳がんになります。早期発見によって、大半は治せる病気ですので、乳がん検診を受けるよう心掛けて下さい。
乳がんの治療方法は、手術療法、放射線治療、化学療法(抗がん剤)、内分泌療法(ホルモン剤)、分子標的治療など様々あります。しかし乳がんといっても、みな同じ乳がんではなく、がんの種類、大きさ、しこりの場所、広がりなどによって、個人個人に合わせた治療法を選択することが大切です。乳がんの診療は、年々進歩し、変化しています。当院は日本乳癌学会認定施設、乳房再建手術施行施設であり、各専門医、看護師、薬剤師など多職種でのチーム医療を行うことで、乳がん診療における病院理念の達成を目指します。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 乳腺・内分泌外科
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 113 22.12 27.63 86.73 84.35 大腿骨骨折
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 手術 86 21.14 20.57 82.56 80.22 圧迫骨折
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 57 9.95 5.49 1.75 51.58 橈骨骨折
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 29 36.38 26.26 3.45 75.59 膝関節手術
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 20 21.85 20.45 80 82.7
高齢者の転倒に伴う骨折、すなわち、大腿骨近位部(太ももの付け根)骨折、橈骨遠位端(手首)骨折、脊椎(背中や腰)圧迫骨折、骨盤(お尻)骨折が、大変多くなっています。そのうち、手術と必要とするものは大腿骨近位部骨折です。観血的骨折手術や人工骨頭挿入術を行います。橈骨遠位端(手首)骨折にはプレートを用いた骨折手術を行っています。外傷以外では、変形性膝関節症、変形性股関節症に対する人工関節置換術が多くなっています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 整形外科
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 14 4.29 6.76 0 47.21
070380xx01xxxx ガングリオン 関節滑膜切除術等 13 10 5.1 0 55.62 ガングリオン
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 13 19.62 26.28 23.08 71.69
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 11 5.82 5.11 0 53.73
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 10 9.4 3.44 0 75.6 眼瞼下垂
180060xx97xxxx 皮下までの皮膚腫瘍の切除術を行った症例です。
070380xx01xxxx ガングリオンに対して関節滑膜切除術を行った症例です。
100100xx97x0xx 皮膚潰瘍に対して皮弁作成術や植皮術を行った症例です。
070010xx970xxx 皮下組織を超えた軟部腫瘍の摘出術を行った症例です。
020230xx97x0xx 眼瞼下垂症に対して眼瞼下垂症手術を行った症例です。
皮膚・皮下,軟部組織にできた良性腫瘍の切除を行っています。入院期間は基本的に午前中に入院して午後手術、翌日退院となります。持続吸引ドレーンの留置を要する症例では入院期間が長くなります。腫瘍切除後の整容性を考慮した再建を心掛けています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 形成外科
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 52 19.19 11.83 34.62 78.23 硬膜下血腫
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 31 10.74 7.52 25.81 62.61
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし エダラボンあり 定義副傷病あり 26 15.12 16.54 26.92 68.04 脳梗塞
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 16 9.31 9.87 18.75 67.88
010040x101x1xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 脳血管内手術+脳動静脈奇形摘出術等 処置(人工呼吸、中心静脈注射等)あり 15 45.27 40.41 93.33 68.8
第1位は硬膜下血腫に対して慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を行った症例です。脳疾患への対応として、脳神経内科と協力し、24時間ホットライン体制や1つの病棟に配置するなど、チーム医療が更に充実し、専門性の高い医療を提供しています。 また、脳疾患患者さんはリハビリの必要性が高く、安心して自宅退院出来るように、地域の病院と連携を取りながら治療を行っているため転院率が高くなっています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 脳神経外科
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 39 7.44 8.96 2.56 74.49 帯状疱疹
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 23 8.65 8.78 0 80.57
080011xx99xxxx 急性膿皮症 17 9.29 11.97 0 69.82
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 14 4 6.76 0 75.36
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 - - 4.28 - -
080020xxxxxxxxは帯状疱疹に対して点滴治療を行っています。
第2位の080006xx01x0xxと第4位の180060xx97xxxxは皮膚の悪性腫瘍に対して切除術を行う症例です。
080011xx99xxxxは急性膿皮症に対する治療です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 皮膚科
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 53 8.49 7.85 1.89 71.64 経尿道的膀胱腫瘍切除術
110080xx97x00x 前立腺の悪性腫瘍 その他の手術あり 26 3.31 6.24 0 71.42
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 化学療法あり 24 9.25 11.72 0 65.71
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 22 10.82 12.43 9.09 78.05
110280xx02x00x 慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 19 2.68 8.87 0 68.79 内シャント造設
110070xx02020xは膀胱がんに対し膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)を行い、化学療法(抗がん剤の膀胱内注入)等を行った症例です。
110080xx97x00xは限局前立腺がんに対し、サイバーナイフによる外照射治療を行うために治療用のマーカーを前立腺内に留置した症例です。
110070xx99x20xは転移性もしくは進行性の膀胱がんに対し、全身化学療法を行った症例です。
110310xx99xx0xは急性腎盂腎炎や急性前立腺炎などの細菌感染に対し、入院加療を行った症例です。
110280xx02x00xは末期腎不全の方に対して、血液透析に必須の内シャント造設術を行った症例です。

※前立腺がんの疑いに対して行われる前立腺針生検法と上部尿路結石に対して行われる体外衝撃波腎・尿管結石破砕術はDPC対象外(短期滞在手術料)のため除外しておりますが、上位症例数となっております。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 泌尿器科
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 アイリーア、ルセンティスあり 64 2 2.49 0 72.89 黄斑変性_眼注治療
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 アイリーア、ルセンティスあり 28 2 2.46 3.57 74.11
020180xx99x2xx 糖尿病性増殖性網膜症 アイリーア、ルセンティスあり 27 2 2.65 0 64.78
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.4 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
020200xx99x4xxは黄斑変性等に対し目の中に注射で治療を行った症例です。
020210xx99x1xxは網膜血管閉塞症に対し目の中に注射することで網膜のむくみをとり、視力を改善する治療法です。
020180xx99x2xxは糖尿病性増殖性網膜症に対し目の中に注射することでむくみをとり、病変を改善させる治療法です。治療開始時に月1回薬剤を注射します。その後は目の診察や検査で症状を見ながら、必要に応じて注射します。

※ 白内障に対して行われる水晶体再建術(150症例)はDPC対象外(短期滞在手術料)のため除外しております。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 眼科
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎、扁桃肥大 32 6.56 8.12 0 17.66 扁桃腺摘出術
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 23 7.09 7.47 0 58 副鼻腔炎
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 17 6.82 7.75 0 59.47 頭頸部手術
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎 17 4.88 5.5 0 35.29 急性扁桃炎
030428xxxxxxxx 突発性難聴 10 7.9 9.37 0 51.4 突発性難聴
030230xxxxxxxxは慢性扁桃炎や扁桃肥大に対して口蓋扁桃手術(摘出)等手術を行った症例が殆どです。
030350xxxxxxxxは副鼻腔炎に対して内視鏡下鼻・副鼻腔手術を行っております。
030150xx97xxxxは耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍を摘出手術を行う治療です。
その他、急性扁桃炎や突発性難聴に対しての治療で、地域の先生方に紹介頂くことが多い症例です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 耳鼻咽喉科
臨床腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060060xx99x3xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 化学療法あり 35 3.26 8.03 0 77.89
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 アブラキサンあり 29 3 12.36 0 62.55
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 アバスチンあり 24 3.08 4.48 0 66.29
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 エルプラットあり 12 4.42 4.42 0 65.92
060020xx99x6xx 胃の悪性腫瘍 化学療法あり 11 6.27 6.41 0 63.00
第3.4位は結腸の悪性腫瘍に対する抗がん剤治療の症例です。第5位に胃の悪性腫瘍と食道の悪性腫瘍に対して抗がん剤治療を行った症例となります。消化器がんに対して広く専門的な薬物治療を行っています。外来通院で治療を積極的に行い、進んだ悪性腫瘍(がん)でも、これまでの生活を続けながらの治療を行い、患者さん本人が望む生き方に協力出来るよう努力しています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 臨床腫瘍科
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎臓病 25 13.76 12.84 32 73.96 慢性腎臓病教育入院
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 15 30.2 22.67 6.67 67.13
110290xx99x00x 急性腎不全 11 14.36 14.6 36.36 52.09
110280xx99010x 慢性腎臓病 人工腎臓等あり 10 14.5 14.77 10 72.1
110280xx02x1xx 慢性腎臓病 内シャント設置術等あり - - 37.06 - -
2016年3月28日から診療を開始しました。慢性腎臓病に対する『教育入院』を積極的に行っています。今回の集計方法では、経皮的シャント拡張術はDPC対象外(短期滞在手術料)なので載せてませんが、実際は2位となってます。5位にあげてます維持血液透析の導入のための内シャント設置術は泌尿器科で行うため、そちらも併せてご覧下さい。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 腎臓内科
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 急性薬物中毒 12 2.58 3.64 16.67 46.75
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 - - 2.6 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 - - 5.24 - -
161020xxxxx00x 体温異常 - - 5.81 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり - - 9.87 - -
161070xxxxx00xは薬物中毒(お薬の誤飲など)の治療を行った症例です。
170020xxxxxx0xは急性アルコール中毒の治療を行った症例です。
030400xx99xxxxはめまいの治療を行った症例です。
161020xxxxx00xは熱中症や低体温症などの治療を行った症例です。
160100xx97x00xは頭部外傷の治療を行った症例です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。   → 救急科
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 放射線療法あり 15 10.73 9.6 40 68.6 放射線治療(10回)
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 放射線療法あり - - 24.87 - -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 放射線療法あり - - 24.03 - -
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 放射線療法あり - - 33.71 - -
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 放射線療法あり - - 10.41 - -
脳腫瘍に対して放射線療法を行う症例数が1位となっておりますが、放射線科は、他科の診療科と共に治療を行います。地域の先生方からも多くの患者さんを紹介頂いております。痛みのない治療ですので、安心して受けて頂くことが出来ます。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 放射線科
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 72 16 - 43 38 16 1 7
大腸癌 39 32 47 44 36 50 1 7
乳癌 49 41 17 - - 27 1 7
肺癌 32 - 30 101 51 129 1 6,7
肝癌 - 21 - - - 113 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
検査の為の入院ではステージが確定せず「ステージ不明」となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 15.19 58.00
中等症 54 15.28 78.39
重症 13 18.15 81.08
超重症 - 11.20 83.00
不明 - - -
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 12 4.83 70.58 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 238 26.07 73.55 51.92
その他 22 22.32 74.73 4.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 16 13.94 73.00 18.75
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
心臓血管内科・心臓血管カテーテル治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 219 2.05 3.01 2.74 70.82
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 78 0.00 15.91 10.26 68.31
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 59 4.85 9.34 16.95 82.00
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 59 1.73 4.53 8.47 71.98 四肢PTA
K5482 経皮的冠動脈形成術(エキシマレーザー血管形成用カテーテル) 49 1.47 6.33 2.04 69.18
K5493は狭心症、慢性虚血性疾患に対してステント留置を行う手術です。
K5491は急性心筋梗塞に対してステント留置を行う手術です。
24時間いつでも救急の心疾患患者の受入体制を整えており、県内トップの症例数です。
K5972は人工ペースメーカーを体内に植え込む手術です。
K616は四肢の細くなった血管をカテーテル治療で治す手術です。
K5482は特殊なカテーテルで冠動脈狭窄に対して治療する手術です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 心臓血管内科・カテーテル治療科
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 331 0.28 1.17 0.00 68.34 大腸ポリープ切除術
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 75 0.80 6.37 1.33 74.80
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 64 1.19 8.64 3.13 75.61
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 60 1.50 8.57 18.33 77.63
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 54 2.78 11.31 22.22 75.69
K7211は大腸内視鏡を使用して、大腸のポリープを切除する手術です。ポリープの大きさでコードが異なります。
K6532は胃内視鏡を使用してで早期胃がん、十二指腸がんに対して粘膜下層を剥離する手術です。
K6152は主に肝細胞がんに対しカテーテルを動脈の中に入れ、疾患部分の血流を止める薬(塞栓剤)を入れたり、抗がん剤を直接流し込んで疾患の改善を図ります。
K6871は内視鏡下で十二指腸乳頭を切開することによって、結石を摘出する手術です。
K688は内視鏡下で乳頭から内瘻チューブをステントとして胆管内に留置する方法です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 消化器内科
産科・婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 61 6.89 7.49 0.00 32.07
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 52 4.08 7.06 0.00 33.40
K867 子宮頸部(腟部)切除術 48 1.00 1.33 0.00 34.96 円錐切除術
K861 子宮内膜掻爬術 34 0.03 0.09 0.00 45.94 子宮内膜掻爬術
K877 子宮全摘術 28 2.11 7.36 3.57 51.32 子宮全摘術
帝王切開術は子宮を切開して胎児を逸出させる手術で、ハイリスク妊娠や、児に対してより安全性を求める場合に行われます。手術コードは緊急で行われる場合と予め日時を決めて行うものと分かれております。
子宮頸部(膣部)切除術は、高度の子宮膣部びらんや若年者の子宮頸部異型性や上皮内がんの治療、異型性や上皮内がんの確定診断、子宮頸部延長症の場合に行われます。
子宮内膜掻爬術は子宮体がん、機能性子宮出血、子宮外妊娠、不妊症などの婦人科疾患の診断や治療のために行われます。
子宮全摘術は子宮筋腫、子宮頸部異型性などに対し子宮をとる手術です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 産科・婦人科
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 143 2.06 4.28 4.20 62.92
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 67 3.84 10.94 5.97 71.70
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 52 1.62 2.38 0.00 66.13 鼠径ヘルニア
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 40 0.35 4.30 7.50 30.95
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 30 2.43 16.43 16.67 71.10
K672-2は腹腔鏡下にて胆嚢を摘出する手術です。
K719-3は腹腔鏡下にて結腸の悪性腫瘍を切除する手術です。
K634は腹腔鏡下にて鼠径ヘルニアに対して行う手術です。
K718-21は腹腔鏡下にて虫垂を切除する手術です。
K655-22は腹腔鏡下にて胃の悪性腫瘍を切除する手術です。
結腸の悪性腫瘍、胃の悪性腫瘍に対しては、開腹術よりもはるかに侵襲が少なく回復が早い腹腔鏡を使用した手術を積極的に行っております。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 消化器外科
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 27 6.56 27.93 7.41 70.56
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 17 3.88 16.65 5.88 76.35
K5551 弁置換術(1弁) 11 8.00 30.27 0.00 77.45
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行大動脈)(その他のもの) 11 0.00 31.91 18.18 74.73
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K552-22は狭心症や心筋梗塞に対し行うバイパス術で、高齢者の方でも負担がかからないよう、人工心肺(機械のポンプ、人工の肺)を使用せずに、心拍動下(心臓が動いた状態)でバイパス術を行う手術です。
K5606は腹部大動脈瘤を取り除き、人工の血管を移植します。
K5551は弁膜症に対し行う手術で、取り替える(生体弁、機械弁)手術です。
K5601二は上行大動脈瘤を取り除き、人工の血管を移植します。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 心臓血管外科
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 41 2.07 12.00 12.20 69.27
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 23 3.43 5.57 8.70 37.83
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 17 1.82 8.53 5.88 72.06
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) - - - - -
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 - - - - -
肺の腫瘍に対して胸腔鏡下にて行う手術が主となっています。手術コードは肺のどの部分を切除するかによって細かく分かれています。典型的な経過の症例では手術前日に入院し、術後約10日目に退院となっています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 呼吸器外科
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 30 1.20 4.27 6.67 57.33
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 26 2.00 8.00 7.69 64.54
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 10 2.40 8.50 0.00 64.40
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) - - - - -
第1位から4位までは乳がんに対して行う手術で乳房を切除・部分切除などの分類で細かく分かれています。更に腋窩部の郭清を同時に行うか行わないかでも異なってきます。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 乳腺・内分泌外科
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 85 2.36 18.75 77.65 81.61
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 48 2.38 17.29 93.75 83.42
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 43 1.28 16.67 37.21 55.98
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 36 3.28 31.22 8.33 75.03
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 31 0.58 6.29 0.00 45.97
K0461は肩甲骨、上腕、大腿の骨折部を手術的に開いて、直接整復と内固定を行う方法です。
K0811は主に股関節に対して行います。股関節の大腿骨頭が壊れた場合、金属の骨頭に入れ替え、関節機能を取り戻す手術です。
K0462は主に前腕の骨折部に対して行っております。1位同様、手術的に開き、直接整復と内固定を行う方法です。
K0821は関節の動きが悪い、運動痛が強いなど障害があるときに骨頭側と関節窩側の両方を入れ替えて、関節機能の再建を図る方法です。
K0483は骨折観血手術でねじやプレート、髄内釘などで固定を行ったのち、骨癒合が完成した後、抜去を行う手術です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 整形外科
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 18 0.67 2.56 0.00 28.61
K0701 ガングリオン摘出術(手,足,指(手,足)) 14 0.43 8.86 0.00 56.14
K0153 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(100cm2以上) 10 4.20 28.60 10.00 49.20
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25~100cm2未満) - - - - -
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む) - - - - -
形成外科が専門とする領域は多岐に渡り、良性腫瘍の他、糖尿病性足病変、末梢循環不全による重症虚血肢、眼瞼下垂や顔面神経麻痺また乳腺外科と共同して乳房再建症例を多く手掛けています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 形成外科
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 63 1.70 19.75 36.51 78.79
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 18 0.50 43.06 88.89 70.39
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 15 0.47 37.80 60.00 69.67
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
K164-2は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は硬膜下血腫に対する外科的治療です。
K1643は頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)は、頭蓋内出血に対する外科的治療です。
K1771は頭蓋骨の一部を開けて脳動脈瘤を確認し、直視下に脳動脈瘤の根もとにクリップを掛ける方法です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 脳神経外科
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 24 1.00 6.42 0.00 79.21
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0072は皮膚の悪性腫瘍を切除する手術です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 皮膚科
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 99 0.62 2.10 0.00 58.78 ESWL
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 73 1.93 6.16 4.11 73.08
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 47 2.13 8.04 6.38 74.89
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 25 0.76 1.08 0.00 72.52 金属マーカー留置
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 21 0.19 1.52 0.00 69.67
K768は腎結石や尿管結石に対し、体外衝撃波で結石破砕を行う手術です。
K8036イは開腹せずに手術用内視鏡を用いて、膀胱腫瘍を切除する手術です。診断や治療の為に行います。
K783-2は尿管ステントを置く手術です。
K007-2は限局前立腺がんに対し、サイバーナイフによる外照射治療を行うために治療用のマーカーを前立腺内に留置する手術です。
K610-3は末期腎不全の方に対して、血液透析に必須の内シャント造設術を行う症例です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 泌尿器科
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 151 1.01 1.01 0.00 74.87 白内障
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
K215-2 眼瞼結膜腫瘍手術 - - - - -
K274 前房、虹彩内異物除去術 - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K2821ロの水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)は水晶体の混濁で視力が低下した場合に行われます。混濁を取り除き人工的にレンズを挿入する手術です。外来でも可能な手術ですが、入院して行う場合は3日間で行っています。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 眼科
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 33 1.00 5.24 0.00 20.70
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 19 1.37 4.68 0.00 58.89
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K287 先天性耳瘻管摘出術 - - - - -
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -
K3772は扁桃炎を繰り返す方に多く行われ、口蓋扁桃を摘出する方法です。
K340-5は副鼻腔炎に対して内視鏡を用いて手術を行います。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 耳鼻咽喉科
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 28 1.93 3.50 10.71 69.43 シャント拡張術
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 22 12.27 20.77 18.18 72.77
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K616-4は末期腎不全の透析患者さんのシャント狭窄に対し、拡張したり血栓を除去する手術です。
K610-3は末期腎不全の方に対して、血液透析に必須の内シャント造設術を行う手術ですが、泌尿器科へ依頼し行って頂きます。症例数に関しては、泌尿器科も併せてご覧下さい。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 腎臓内科
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 15 11.53 17.73 33.33 73.87
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) - - - - -
K507 肺膿瘍切開排膿術 - - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K6113は、繰り返し抗がん剤治療を行うために体内にポートを植え込む手術です。

※ 診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。  → 血液内科
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 32 0.31
180010 敗血症 同一 28 0.27
異なる 23 0.22
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 61 0.58
異なる - -
更新履歴
2017/09/28
平成28年度版 病院指標を公表しました。